« DELL | トップページ | 新春お伊勢まいり その2 »

2011/01/05

初春お伊勢まいり その1

 
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 
JRの出している「青春18きっぷ」 というのを、ときどき取材で利用しております。新年早々、1日分残ったこの切符を入手したので、伊勢神宮にゆくことにしました。

ご存知の方も多いと思うが、青春18きっぷというのは、各駅停車の列車しか乗れない、えらく安い回数券みたいな切符である。春・夏・冬と、学生の休みのシーズンに販売される。初めてこれを使ったのは、発売開始直後の高2の夏だった。もう30年も前であり、ずいぶんと息の長い商品である。名前に反して年齢制限はない。グループでも使用できるので、近年は中高年の利用者も多いようだ。 
 
むかしはよく列車を乗り継いで長距離の旅行をした。数年前、久しぶりにこの切符で関西旅行にチャレンジしたところ、心身ともにすっかり参ってしまい(注)、途中で何度も新幹線に乗ることになって、かえって旅費が高くついた。
 

注… 地方の列車はたいてい短いんですよ。たいてい1両とか2両なんです。何回乗り換えても東京からのおんなじ顔ぶれが回りにいて、座席取りを繰り広げているのである。
昼間から満員電車並みの混雑のときもあり、その中で立って駅弁を食ってる男がいたのには驚愕した。ドアの横にはファストフードのポテトを車座になって広げているグループもいやがって、匂うわ苛立つわ、もういたたまれなくなって全然知らない駅で列車を降り、1時間半ホームで待って次の列車に乗ったら、そこも同じような人々で満員だったので絶望した。あれでは地元の人は迷惑だろうよ。もちろんまっとうな客も多いですが。
 
むかしはガラガラの10両編成の鈍行とかが日本中で走っていて、時間はかかるがのんびり旅ができたのである。そもそもこの切符、列車を空で走らせても何だし、というコンセプトで売り出された商品で、これは当時としてはなかなかいいアイデアだったんだよね。「列車の長さを短くすればいいじゃん」 というごく当然のことが、労使対立の中でできなかったわけですから。なにせ国鉄の頃は「合理化反対」 だったんだもんね。しかしまあ、なんという力強く直截なメッセージでしょう。

 
 
さてさて、昨日の朝4時、地元の駅から始発電車に乗るためにタクシーを呼び(タクシー代が1日分の18きっぷと同じだ)、中央本線経由で名古屋へ向かいました。東海道は前述したとおり嫌な思い出があるので、長野を抜けてゆくのもよいかな、と。

たしかに列車は空いておりました。ただ、予期しなかったことがひとつ。非常に寒いのである。このところ東京は暖かかったのですっかり油断していた。各駅停車はドアがしょっちゅう開くもんだから、暖房がまるっきり効かないのであった。
数回乗り換えて、4時間我慢したところでギブアップ。塩尻から名古屋行きの特急に乗車しました。まあ、ハナっから予想はしてたけどね。

 
というわけで、ただいま三重県伊勢市のビジネスホテルにおります。午前4時になったらタクシーを呼んで、内宮へ向かう予定。

 
むかしから「伊勢参宮 大神宮へも 一寸寄り」 などと申しまして、参拝前後の遊山が、庶民にとってはメインだったりします。外宮・内宮の間は、江戸時代は遊里だったといいますが、現在はふつうの住宅地。とりあえず伊勢観光の王道、二見浦に行ってまいりました。(写真はクリックすると拡大します)

 
Dsc_2087
 
あれ、海がえらく荒れている。
 
 
Dsc_2093
 
観光写真ではたいてい穏やかなんだが。
新春から激しく波風が立つ夫婦岩。
(なんかヤダ)
 
Dsc_2104
 
うわ。


 
Dsc_2074
 
ここの旅館街は一見の価値があります。
 
 
Dsc_2114
 
しかし寒いなあ。

 
 
 
正統派観光地ファンとして、妻子にトラディショナルな観光土産を購入しました。
 
 
Dsc_2139
 
妻へ。二見興玉神社では蛙が神の使いだそうで。
(あちこちの雑貨屋で見る品である。まああとで赤福も買うし)

 
Dsc_2140 
 
息子へ。
(ケース割れてるぞ)

 
Dsc_2137
 
自分へ。
(あれ? 温度計つきのペンたてを買った筈だったのに。箱を間違えたかな)

 
 
店先で例によって、「昔は日めくりの置物がありましたよねー」 という話で、店の婆さん(推定140歳)と盛り上がる。「ピンバッジはもうないですよね」 と尋ねたら、がさごそと棚の奥から探し出してくれました。


「あったよ。穴あけるやつじゃないけど(針留めのタイプだった)いいかしらね?」

「もちろんです! わざわざありがとうございます。おいくらでしょう?」

「あげる」

「えっ」

「あげるわよ。袋破けてるし」


Dsc_2141
 
 
二見浦の婆さん万歳! 長生きしてね。
 
 
 

|

« DELL | トップページ | 新春お伊勢まいり その2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

8日はお疲れ様でした。
久しぶりに奥様、ご子息ともお話ができて楽しかったです!
そしてこちらにお邪魔するのも久しぶりで、楽しく拝見させていただきました。
140歳(笑)
「根性」…(ナイスです!)

ヤマト…知らなかったです!
読んでみたくなりました。


お邪魔でなければ、次回はご自宅にお伺いさせて下さい。
よろしくお願い致します。
詳細お待ちしております。


投稿: 櫻井翔 | 2011/01/10 23:13

桜井様

先日はどうも! 暖かくなったら
ぜひぜひ遊びに来てください!
また連絡しますね。

投稿: ヒロオカ | 2011/01/14 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/50496687

この記事へのトラックバック一覧です: 初春お伊勢まいり その1:

« DELL | トップページ | 新春お伊勢まいり その2 »