« ネタバレ 『宇宙戦艦ヤマト』 | トップページ | DELL »

2010/12/19

朝日ソノラマ文庫第1作

 
さてさて、昨日ご紹介したのは、小学6年生のときに読んだ小説版・宇宙戦艦ヤマト(朝日ソノラマ文庫)のストーリーです。今回の映画化のキャストで説明しました。

この小説、ノヴェライズかと思って買ったら、紹介したとおり、全然ストーリーが違うんです。石津嵐作・豊田有恒原案となっておりまして、作者の石津氏は虫プロにいた人らしい。豊田有恒も虫プロで脚本を書いていたから、アニメーション仲間なんでしょうね。
 
ちょっと首をひねってしまう部分もあるのですが、大筋では面白く、第二次大戦のパロディみたいなアニメよりはSF色が濃い内容に仕上がっています。スターシアの正体なんかはSFの王道っぽいし、ガミラスの存在も『禁断の惑星』 のアイデアを思わせる。アニメ版が好きな友人にこのストーリーを話すと、なぜか嫌がられたなあ。

ソノラマ文庫には、なかなか良質な作品がありまして、福島正美の『地底怪生物マントラ』や、『黒の放射線』(中尾明)などが読みごたえがあった。とくに後者は、顔に黒あざができる奇病が蔓延する破滅モノで、私は子供の頃からホクロが多かったので、結構怖かった記憶がある。
 
一番好きだったのが、のちの東芝の創業者、田中久重の少年時代を描いた『からくり儀右衛門』。江戸末期を舞台に、火の消えない提灯、自動鐘つき機、絵絣を織る織機などを、次々に発明していく儀右衛門が痛快で(アイデアはイラスト入りで紹介される。これがまたいい)、どこまで本当か知らないけれど、ジュニア小説としては滅法面白かった。これはまだ本棚の奥にしまってあります。

このシリーズは学校の図書館にもよく並んでおり、図書室の隅の回転書架に入っていることが多かった。あれは現在のライトノベルにあたる読まれ方をされていたのかな。ちょっと違う気もするが。


少々日が経っちゃいましたが、ひさしぶりに宣伝。
 
 
Dscn2211
 
 
『東京時間旅行 荷風!』(日本文芸社)の最新号が発売中です。今号の特集は、東大・慶応・早稲田を中心とする、東京の大学町。
 
 
私の連載「建物探訪」 は、今回は巻頭でして、東京大学本郷キャンバスの戦前建築を紹介しています。取材のとき、腰が痛くて痛くて。

そうそう、実は表紙の写真もわたくしの撮影であります。書店で見かけましたら、ぜひお求めください。
 
 

|

« ネタバレ 『宇宙戦艦ヤマト』 | トップページ | DELL »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/50338356

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日ソノラマ文庫第1作:

« ネタバレ 『宇宙戦艦ヤマト』 | トップページ | DELL »