« 目覚め。 | トップページ | 蝗身重く横たわる »

2010/11/28

龍馬伝終了

 
海老蔵を殺ったのも、おそらく見廻組の仕業だな。あ、生きてるのね。
 
しかしこの人、出雲の阿国以来の歌舞伎の歴史と、役者というものがかかえている得体の知れない何かが凝縮されてDNAに刻み込まれているようで、それも人間ではなくゴーレムのような印象で、前から興味があったけど、今回の一件でさらに好きになりました。早く元気になって下さい。

 
さて、『龍馬伝』 の話ですが。

せっかくの最終回だが、わが家はハードディスクに録画した分がたまっていて、まだ見ることができません。いろは丸が沈んだところまでしか進んでないの。全然内容については感想をかけないのであります。

暗殺者のキャストが発表されたとき、市川亀治郎はともかく、中村達也とSIONには大いに笑った。どう考えても狙いすぎなんだけど、やっぱり世代的には面白いんですよ。
中村達也は、個人的にはブランキーよりスタークラブのイメージが強いです。前のドラムの人がやめた直後の、豊島公会堂のライブで叩いていたような記憶が。
 

Dsc_1285_2
浜松町の世界貿易センタービル展望台から。先週末の夕景。 
 
 
 
このところ、調子が上がらず困っている。

禁煙うつというのがあるそうなので、それかな、とも考えたが、私の場合、タバコを止めるに至ったのも(実際、今も喫わないでいられることが)、心身のパワーの著しい低下が原因なんですよね。気力横溢してたら、決して禁煙などしていなかったと思うのだ。まわりの人は感心してくれますが、あんまり前向きなものではないんです。

万事やる気が起きないので、YOUTUBEで大昔の曲を聞きながら、むりやりテンションを上げて高校の期末テストをつくっている。続けて原稿の締切りも迫っているので、この週末は妻子は実家へ行っております。
 
 
 

こんなのばっか聴いてたんだよなあ。
 
なぜか2ちゃんで話題になってたのでこれも。懐かしい。


うーん。ランディ内田。


著作権の問題はともかく、ふと思い出した曲をたいていすぐに聴けるのだから、いい時代である。

2010年に、自宅のコンピューターの画面でCOMESのライブ映像を見ることになるとは想像もしていなかった。25年前に戻って、友人から借りたインディーズ盤やソノシートを、TDKのカセットテープに録音しまくっていた自分に教えてやりたい。 
 
 
 


|

« 目覚め。 | トップページ | 蝗身重く横たわる »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/50158768

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝終了:

« 目覚め。 | トップページ | 蝗身重く横たわる »