« 駅員さんありがとう | トップページ | 夜汽車に乗って »

2010/09/28

尖閣諸島問題について考える

 
チキンレースを先に下りるのは、臆病と謗られても、利口なことではあるのだ。
 

与野党ともに、政府のやりかたに批判の声をあげているという事実を、中国人民が少しでも理解できるといいんですがね。批判できるという政治体制を。

反日の声を都合よくコントロールしようとしている中国政府を、今の段階では生暖かく見守っているのが得策だと思います。以前も書きましたが、将来的に一番困るのは、国民の求心力を得られない新政権が(中国共産党崩壊後の話です)、苦しまぎれに反日カードを切ることなんですな。押さえが全くきかない状態になるのは明白なのである。こう言ったら何だが、北朝鮮に対する中国の態度をみれば明らかであるように、強圧的な政権というのは、ある意味で周辺諸国に安定をもたらすものなのである。

最悪のタイミングで船長の釈放を決めたのは事実なんだけど、まるっきり違うルールで動いている国を、日本の常識で是非を糾弾してもしかたがないと思います。軍部に突き上げられている温家宝のメンツを潰すのはどうかなあ。
 


 
 

|

« 駅員さんありがとう | トップページ | 夜汽車に乗って »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/49582151

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島問題について考える:

« 駅員さんありがとう | トップページ | 夜汽車に乗って »