« A romantic fool | トップページ | 駅員さんありがとう »

2010/09/08

寺田屋騒動

 
またまたNHKの『龍馬伝』 の話なんですがね。
 

全国の紳士諸兄同様、わたくしもまた、「階段を駆け上がり、障子をバーンと開けて龍馬を驚かす全裸の真木よう子」  ですとか、「いろんなとこをまろび出しながら、捕方を蹴散らして伏見街道を爆走する真木よう子」  などを妄想しておりましたので、今回の演出はちょっと残念であります。
こう書くと、真木よう子の裸に妙にこだわりがあるように聞こえるかもしれませんが、まあ実際その通りなので、弁解のしようがございません。すみません。
 
でも、裸のお龍はもう様式美のようなものなので、ちょっと期待しちゃったよ。

ついでに言うと、今回はセリフで視聴者を感動させようとするのが興ざめでした。筧利夫の三吉慎蔵も、槍さばき(竹竿だけど)の所作がよくて感心したのだけれど、龍馬との会話が長くてクサくて。

 
このドラマもあと3ヶ月ほどで終わります。ワイル・ウエフ号の池内蔵太のエピソードとか、いろは丸事件とかは、ちゃんとやるんですかね。

「いろいろなことが、あったがじゃあ!」

という弥太郎のセリフですべてを終わらせてしまいそうな気がして、なんだか心配であります。

 
 

|

« A romantic fool | トップページ | 駅員さんありがとう »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/49391103

この記事へのトラックバック一覧です: 寺田屋騒動:

« A romantic fool | トップページ | 駅員さんありがとう »