« 横浜新港埠頭 | トップページ | 夏の日の取材行 »

2010/08/04

ツイットもわからん

 
ツイッターを始めました。

実は以前からアカウントは取ってたんだけど、なんだかよく分からなかったのでそのまま放置しておりました。一昨日からギックリ腰で寝込んでいるので、暇つぶしに初めてつぶやいてみましたが、やっぱりよく分からない。うーん。

 
久しぶりに宣伝。

『東京時間旅行 荷風!』(日本文芸社) 最新号が発売になりました。
 
 
Dsc_9516_2
 
 
今号の特集は江戸四宿で、江戸の入口にあたる内藤新宿・品川宿・板橋宿・千住宿の過去と現在を取り上げています。私の連載では千住界隈を歩き、北千住から南千住にかけての古い建物を探訪しました。今回は巻頭なんですわ。

南千住は母の故郷でして、叔父叔母や知人が多く住んでいることもあり、ずいぶんと楽しい取材でした。表紙をめくった1ページ目の千住大橋俯瞰写真は、叔父夫婦の住んでいる汐入の高層住宅から撮影したものです。なかなか面白いものが撮れましたよ。

 
南千住には隅田川駅というJRの貨物駅があって、その昔、旧日光街道(コツ通り)を横切る踏切がありました。通称・開かずの踏切。ラッシュ時の往来で開かない踏み切りは多いですが、ここは踏切の上を列車が行ったり来たりして、貨車の入替作業をやってたんです。そりゃを開かんわな。
今は立体交差になってしまっているんだけど、子どもの頃は遊びに行くたびに、ごっとんごっとんと行き来する貨物列車を眺めていたもんです。 

当時の思い出も書いたんですが、やっぱり写真が欲しい。押入れの天袋に死蔵されているプリントとネガをひっくり返し、やっとのことで数枚の写真を発掘、中1のときに撮影した踏切の風景を誌面で紹介しました。こういう稼業をしていると、何がどこで役立つかわかりません。

 
Dscn2007
 
これは使わなかった写真。網目のプリントが懐かしいや。
このDD13という一つ目のディーゼル機関車は、昔はあちこちの操車場で見かけました。
 
 
『東京時間旅行 荷風!』(日本文芸社)、定価880円です。書店で見かけましたら、ぜひお求めください。
 
 

|

« 横浜新港埠頭 | トップページ | 夏の日の取材行 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

先生もツイッター始めたんですね。フォローしたいんでアカウント教えて下さいm(_ _)m

投稿: | 2010/08/04 16:35

yu_speedbird ですよん。

投稿: へろおか | 2010/08/05 05:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/49056146

この記事へのトラックバック一覧です: ツイットもわからん:

« 横浜新港埠頭 | トップページ | 夏の日の取材行 »