« 福島浜通り | トップページ | ツイットもわからん »

2010/07/29

横浜新港埠頭

 
一昨日、福島の小名浜港で日本郵船の客船・飛鳥2を見物した話を書いたら、大学時代の友人が、新港埠頭に面白い船が寄航していることを教えてくれました。一般公開最終日ということで、昨日、妻子と母を連れて見に行きましたよ。
 
私の母親は若い頃、横浜港で内外の船を見まくってたそうで、声をかけたら「行く行く」 という返事。何でも10代のころにイギリスの巡洋艦にも乗ってるらしい。
 
 
1_2
サグレス(N.R.P. SAGRES)

 
ポルトガル海軍の練習帆船です。初来日。
(写真はすべてクリックすると拡大します)
 
 
 
2
 
3
 
4
 
 
帆船ってのは、どう撮っても絵になりますね。


実はこの船、第二次大戦前の1937年につくられた軍艦である。元はドイツ海軍の練習船。
 
 
 
7
 
 
ハンブルグのブローム・ウント・フォス社は大戦後期、奇怪なスタイルの軍用機を次々と試作しては軍部に却下されていたことで、飛行機ファンにはよく知られている。もともとは造船メーカーで、ドイツ海軍の誇った巨大戦艦・ビスマルクもこの会社のフネである。
この帆船は戦後、アメリカに接収されたのちブラジルへ渡り、1960年代になってポルトガルが購入したもの。サグレスという船名は、このときに老朽化した先代の練習帆船の名を受け継いだそうな。

 
 
Dsc_9388
 
帆に掲げたマルティスクロス(マルタ十字)は、大航海時代のポルトガルの船印。
 
 
5
 
Dsc_9472
 
 
 
 
「ポルトガルのサグレスって、沢木耕太郎の深夜特急に出てきたよね」 妻が言った。

「そうだっけ?」

「大陸の端の岬の町」

すっかり忘れていた。帰宅後に読み直したところ、旅の終盤に登場しておりました。サグレスはユーラシア大陸の西端の地である。
 
 
 
Dsc_9385
 
船首像は個人的には女神のものが好きだが、これは別格。
ポルトガルの王子・ヘンリー像(Prince Henry the Navigator)なのです。

 
高校世界史風に、エンリケ航海王子といえば記憶している人も多いかもしれない。1400年代の初頭、サグレスの地に航海学校を設立した人で、これは15世紀末、バルトロメウ(バーソロミュー)・ディアスの喜望峰到達や、バスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を成功させるきっかけとなった。ポルトガルの大航海時代を象徴する歴史的人物である。

 
パンフレットを貰ったが、全長は89.5m、メインマストの高さは45.5mとある。乗組員は139人で、女性もいました。60人ほどが練習生だそうだ。


Dsc_9476
います。
いません。

 
午前中にわれわれが乗船したときは、甲板にいたほとんどが若い水兵で、サングラスをかけたガタイのいいベテラン風の乗組員たちが、次々と下船していくところだった。横浜最終日だし、フネを若手にまかせて街へ繰り出したんだろうかね。すれ違ったとき妻が、「ものすごく香水をつけてる」 と苦笑しておりました。

 
Dsc_9419
 
この扉の向こうで、居残りの乗組員がぎゅうぎゅう詰めで冷たいものを飲んでいた。扉が開いたら、凍えるような冷風が流れ出してきて驚いた。


8
 
階段で手助けしてくれた格好のいいお兄さん。

 
9
 
せっかく遠くから来てサービスしてくれてるんだから、
目ぐらい合わせなさいよ。


 
今回の来航は、日本・ポルトガルの修好通商条約締結150周年記念だという。パンフを見ると、MISSON OF 2010とあり、サンディエゴへの練習航海を兼ねて、チリ建国200周年のフェスティバル参加、上海万博のプレゼンスなどが並ぶ。実に1年に及ぶ船旅で、これはポルトガルのアジア到着500周年記念の航海でもあるらしい。

「アジア到着500年」というのが気になったので、世界史図表なんぞで調べてみたら、インドのゴアを占領したのが1510年なのですね。はあ。

 
00000
 
 
リスボン繁栄の礎を築いた植民地・ゴアが解放されたのは1961年。奇しくも、この美しい帆船がポルトガルの軍艦となった年でした。

 
7月29日、午前10時抜錨。次の寄港先は鉄砲伝来の地、種子島です。
 
 
 

|

« 福島浜通り | トップページ | ツイットもわからん »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/49007792

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜新港埠頭:

« 福島浜通り | トップページ | ツイットもわからん »