« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

吉祥寺の思い出 その2

 
昨日に続いて、吉祥寺の話をもう少し。今はなき店や、思い出深いものを紹介します。ご記憶のかたもいらっしゃるのでは。

 
DAC吉祥寺

伊勢丹の北側にあった第一家庭電器の店。オーディオ関係が充実していた。

あるとき、私の父はこの店で「間違って」、1ヶ1万円近くするレコードプレーヤーの針を買ってしまい、おまけにこれは低出力のMCカートリッジだったので昇圧アンプが必要で、「困ったので」、これも買ってしまい、どさくさにまぎれてなぜかプリメインアンプまで新調し、母にえらく怒られていた。子供心に、あれは絶対確信犯だと思った。
 
最後にこの店に入ったのは90年代の半ば、父がオーディオシステムを入れ換えたときである。さまざまなメーカーのアンプやチューナー、プレーヤーなどを組み合わせて買う客はもう少なくなっていたらしく、中年の店員氏が妙に張り切って、テスターやらグラフの束やらを持ってきて意気込んで説明していたのがおかしかった。
第一家電はつぶれ、これらの機器は父の形見となって、現在も実家で母親が愛用している。

 
王様のアイデア

ロンロンの中にあったユニーク商品の店。たしか東京駅や、新宿の駅ビルにも店舗がありました。
 
品物の多くは、ライトのつくボールペンだとか(これ、中1のときに買った。単三電池を軸に入れるので妙に太い)、コインを入れると人形がキスをする貯金箱とか、ものすごく小さくて、ものすごく使いづらそうなトラベル用麻雀牌だとか、ジッポライターに見えて、フタを開けるとマッチ棒が入ってるとか、その昔、少年雑誌の裏表紙に出ていた『ジョークショップ』や『マノク商事』 の広告にあるような、しょうもなくも楽しげな一品が多かった。末期はパーティーグッズのような商品が増え、店頭を眺めていても面白くなくなってしまいました。
 
ここで売っていた品で、今でも欲しいと思うものがある。長さ40cmくらいの直方体のガラスケースの中に、ブルーに着色されたオイルが入っていて、左右に傾けると液体が波のようにゆっくりと動くオブジェである。ケースを動かす電動の台座もあって、結構お高い商品だったのか、いつもショーウィンドウの上のほうに鎮座していた。
藤子不二雄の怪作『魔太郎がくる!』 に、この商品をテーマにした一編があったのを記憶している。おそらく藤子先生、買ってたんでしょうね。

 
ロンロンのプレイランド

駅ビル・ロンロンの西端に設けられたゲームコーナー。夕食を終え、駅に戻る前に家族で必ず立ち寄った。
 
インベーダーゲーム登場前のアーケードゲームは、ほとんどが20円か30円だったと思う。親から100円玉をもらい、画面上を左右に動く鮫を撃つゲームやら(当たるとピピピピ、と悲しげな音がして、鮫が血まみれでのたうちまわる画面に切り替わる。鮫というより錦鯉みたいな姿だった)、操縦桿を動かして三機編隊の影絵のような飛行機を打ち落とすゲームやらを楽しんだ。
妹は恵比寿様の顔がパネルに飾られた、スマートボールもどきをのんびりと楽しんでいたが、彼女はなかなか上手で、何度もリプレイを繰返していた。親も熱くなってゲームにチャレンジしており、私はその様子をいつも遠くからチェックしていた。そういうときは追加の小銭をねだりやすいのです。
正面と左右に、大砲やら戦車が描かれた切手大のパネルが並んでいて、大砲がコイルになったミニ戦車を操作して、ランプがついたパネルを大砲で押すとポイントとなるゲームが好きだったが、これが意外と難しかった。正面からぶつからないと、大砲がぐにゃ、と曲がって得点できず、車体を右往左往させているうちにタイムアップとなってしまうのだ。
 
当時のゲーム機は、たいてい制限時間が1分間で、アナログ時計のようなタイマーが操作盤についていた。リプレイも1分。だらだらと長くならないので、親としては、頃合いを見て引き上げるのには最適だったと思います。
大学に入って日本各地を旅行するようになったとき、地方都市のデパートの屋上で、これらのマシンとたびたび再会することになる。懐かしくてずいぶん遊んだものだ。

 
たまご屋

たばこ屋ではない。パルコに行く途中、家具の南海屋の手前に、裸電球を下げて木の台に藁を敷き詰め、大小の卵を並べて商っている店が、昭和の終わり頃まであったのだ。あれは凄かった。そこだけ終戦直後のような雰囲気だった。昨今のレトロ仕立ての居酒屋なんぞ裸足で逃げ出しそうな気迫と充実の店構えだったが、いつのまにか消えてしまった。
 
実はこの店、何を隠そう、わたくしの父親の次兄の奥さんの姉の結婚相手の実家なのでした(限りなく他人)。


さてさて、考えてみると、むかしの吉祥寺の客は「新宿渋谷に出るのも面倒だし、上野や銀座・日本橋なんざもう論外」 という手合いが多かったと思いますね。うちの親もそうでしたが、区部から越してきて郊外生活にすっかり馴染んじゃった人とかね。「吉祥寺に行こう」 ではなく、「まあ家にいるのも何だから、吉祥寺にでも行くかね」 という感じ。本当の繁華街とは違う、微妙な味わいがありました。

駅周辺の改造工事が進んでいるようですが、あんまり頑張って町づくりをすすめると、再開発した地方都市の駅前みたいになっちゃいそうなんだよね。便利だろうけど、それもあんまり面白いとは思えないなあ。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/30

吉祥寺の思い出 その1

 
録画してあった『グーグーだって猫である』(2008) を鑑賞する。大島弓子の原作は未読。

全然知らなかったけど、吉祥寺が舞台だったのか。小泉今日子をはじめ、役者も悪くないんだけど、なんかこう、もう一ひねり欲しいなあ。 
 

吉祥寺は子供の頃から愛着のある街である。昨今はちょっとした観光地のようになっているようで(地図を片手に歩いている若い人がいるのには驚く) 週末などは大変な混雑だ。昔は近隣住民の買い物や食事の街だったんだけどね。コロッケだかギョーザだかを買う人が大行列を作っているのを見たときは仰天した。
 
ハモニカ横丁も、以前はもっと狭くて猥雑な感じだった印象がある。昔のアメ横だとか、御徒町のガード下をご存知の方はなんとなくお分かりかと思います。
冬の寒い晩などに路地を歩きまわり、ふと目の前に現れた歌川模型の小さなショーウィンドウをのぞいたりするのは、なかなか楽しいものでした。ここはオリジナルの鉄道模型を販売していた店で、ガラス戸ごしに、黙々と作業をする老主人の姿を何度も目にしたが、ついに一度も店内に足を踏み入れることはなかった。この店は私のなかでは、H.G.ウェルズの短編の『魔法のお店』 のようなイメージがある。

 
小学生のころ、月に一度は仕事帰りの父親と待ち合わせ、吉祥寺で食事をしていた。

母と妹と三人で、駅構内からロンロンの改札口を抜けると、仕事道具を入れた革鞄を下げた父が待っている。本屋やカメラ屋をのぞいたあとで、たいてい東急百貨店まで歩き、上階のレストランで夕食をとった。ここは夜も8時を過ぎると空いていて、父のお気に入りだった。デパートの食堂にしては酒の肴が旨かったらしい。

小学校3・4年の頃だったか、いつものようにこの店で食事をしていたら、遠くの席にいたグループ客の子供が店内を走り回り始めた。小学校高学年ぐらいの男の子と女の子で、通路の端から端まで、きゃあきゃあ言いながら競争をしている。同行者は彼らを叱ることなく、大人どうしで話に夢中になっている。どうやら親ではないようだ。

そのときの客は、わが家とそのグループだけだった。駆け回っている子供たちも、こちらのテーブルの近くにはこないので、声のかけようがない。あまりのやかましさに、父の機嫌がだんだんと悪くなっていく。私は自分が怒られているようでいたたまれず、早く彼らが席を立つことを願った。

結局、店員に頼んで注意をしてもらった。ウェイターが声をかけると、子供たちは素直に従い、席へ戻って食事を始めた。大人たちに何か話しかけられるたびに、「はい!」「はい!」と、不自然なほど元気よく返事をしている。

 
女の子は、当時吉祥寺に住んでいた杉田かおる。少し年上に見えた男の子も、名前は分からなかったが、やはり子役だったようだ。
今から考えれば、まあちょっと気の毒ではあった。人気者だったし、おもてで子供らしく遊んだりすることはできなかったのだろう。大人と話しているときと、遊んでいたときの笑顔がまったく異なっているのが印象的だった。

 
テレビで妙に達者な子役が登場すると、居心地の悪かったあの晩のことを思い出す。
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

夢見る約束

 
好きな曲です。何となく検索したら、youtubeなどに各種アップされておりました。
 
 

 
細野晴臣
やっぱり狂気の度合いはこれが一番かな。


 

 
戸川 純
私はこの人の歌唱に愛着がありますが、何だよ、この映像。こんなの朝から流してたのかい。
伊良部みたいなキーボードは吉川洋一郎。懐かしすぎる。
 
 

 
UA×細野晴臣
なかなかいいです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

議員でも金

 
とか言いそうですね。

http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100510/elc1005101728001-n1.htm
谷亮子さん、民主党から出馬

世が世なら(という言い方も変だが) 絶対に自民党から出馬しそうなタイプの人なんですけどね。立候補を要請される人たちも、このご時勢、与野党どちらを選ぶか悩むんだろうなあ。

あんまり悩まなそうな人たちもいるようですが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/07

IKEAで買い物

 
中学校の授業が早く終わったので、妻子と待ち合わせて車で新三郷のIKEAへ。懸案の収納家具を2つ3つ購入する。

ここの家具は面白いものが多いし、何より安い。自分で組み立てることが億劫でなければ結構楽しめるんだけど、問題点もあります。調子に乗ってあれやこれや買い続けると、部屋がIKEAのカタログみたいになってしまうんだよね。それもなんだか格好悪いし、悩ましいところです。

わが家で購入した家具で大変だったのが、ビリーという集成材の本棚だった。20年近く使ったスチールの書架に飽きたので、仕事部屋用に4本導入しましたが、でかいので組み立てに往生した。引越し前だったからよかったものの、家に家具が入っていたら、運び入れるのも大変だったと思う。

この本棚、組み立てると幅は80cm、高さは202cmになります。ところが、仕事部屋の壁際は、排気ダクトが通っているために天井が低く、高さが7cmほど足りないのである。

オーダーメイドの本棚なんて高価くて手が出ないので、購入前から覚悟は決めていました。電ノコ(ジグソーだけど) を買って妻板を8枚切りましたよ。断面にヤスリで仕上げ、さらに妻板に天板を入れるためのコボ穴を16ヵ所ドリルで開けて、ボール紙のような背板も高さに合わせて切断。妻と2人で1日仕事になりました。

 
Dscn1678
 
何とか収まりました。
耐震金具もつけましたが、天井にぴったりなので
棚自体は倒れそうにありません。
(それ以前に、本の雪崩が怖いですが)

 
日曜大工が趣味の人なら何でもない作業なんでしょうが、わたくしはこの手の工作が嫌いなんですな。長年自動車やバイクを趣味として楽しんできたけれど、実は機械いじりもあまり得意ではないのです。みんな工場に頼むと金がかかりすぎるので、しかたなく軽作業をやってきただけでして。

 
さてさて、IKEAの家具組み立てで気づいた点をいくつか。

 
電動ドライバー必須。

もうこれは絶対、絶対に必要です。大型家具なんか、手回しのドライバーだと恐らく発狂します。小さな家具やイスの裏のネジでも、あるとないのでは大違い。電動ドライバーは、ネジをひとつ締めるごとに、あまりのスピードと簡単さに踊り上がりたくなります。大げさに聞こえるかもしれませんが、本当ですよ。ヘックスビットも結構使うし、ここでお金をケチらないほうがいいです。友人が持ってたら頼み込んで借りましょう。

 
ネジは+ではないのね。

家具を締めるネジがパッケージされて入ってますが、どれもプラスネジに見えるけれど、違うんですよ。ヨーロッパでよく見られる、ポジドライブというやつなんだよね。断面が+というより、米印のような形をしている。
イギリスのバイクや車をいじってる人は、恐らくこのタイプのドライバーを揃えていると思います。プラスドライバーでもまあ締められるんだけど、これ、横着するとねじの山をナメやすい。ぴったり合わないのです。
IKEAという会社、このへんのことを日本の客に全然告知してないんだよね。
(店で売っているソケットドライバーには、ちゃんとポジドライブのビットが入っている)
 
 
Dscn1679
 
プラスネジと違うのがお分かりでしょうか。
十字の交差部分が直角ではなく、くぼみがあります。
ここにあわせて、ドライバー側には4ヵ所に凸部がある。
ふつうのプラスドライバーだと、回すときにしっかり噛み合わず、
浮いてしまうのです。
(クリックすると拡大します)

 
集成材は臭います。

これは、ふつうに組み立てた場合は問題ないのかもしれません。うちの場合、本棚の切断面から接着剤の揮発性の匂いが漂ってきて、かなり臭かったです。体に悪そうな匂い。どうせ見えない場所なので、ガムテープをべたべた貼ってしのいでますが。
 
ついでに言うと、ビリーという書架は、本をびっしり入れると棚板がすぐに反ってきます。そもそも欧米で売ってるスカスカのペーパーバックくらいしか想定していないのかも知れないですね。まあ、でかいカラーボックスだと思えば腹も立ちません。補強している人もいるようですが、落ちてきたらまた棚板買えばいいし。


あしたは組立作業です。ここの家具をつくるのは、おそらくこれで最後だろうな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

公園三昧

 
夫婦そろって帰省先というものがないので、わが家では大型連休や盆暮れには遠出をいたしません。

昨年転居をしてから、以前から通っていた都立小金井公園に家が少し近くなりました。玉川上水の緑道を自転車で10分弱。花見に続いて、今年の連休は毎日のように遊びに行っております。

 
1
 
 
この公園の長所は、とにかく緑地面積が広いところ。
 
野球のグラウンドやテニスコートなどのスポーツ施設もあるが、私どもがふだん遊んでいる場所からは、直線距離で2km近く離れているので、まったく見えません。
スポーツをする人には悪いけれど、高い網で仕切られたこの手の施設が、木々の間を造成してつくられているのは、どうも好きになれない。先日取材で訪れた、関東大震災の復興三大公園(錦糸公園・隅田公園・浜町公園)も、戦後に体育館や運動施設が次々と増設されて、開園時の面影がずいぶんと薄れてしまっていた。まあ、下町ではこれらの公共施設をつくるスペースを探すのが大変なのは事実なんですが。

本日は姪も一緒。近所の生協でビールとつまみ、ジュースと昼食を買い込んで出発しました。

 
2
 
 
連休最終日の小金井公園は、毎年たいてい空いています。遠出してた人はクタクタだろうし、来訪者は多くが近所の方々なのでしょうね。園内にある博物館・江戸東京たてもの園で、こどもの日のイベントが開かれているので、子供自転車の多いこと多いこと。

 
Pp
 
 
江戸東京たてもの園。息子がここに保存してある都電が好きなので、自転車の後ろに乗せてしょっちゅう訪れています。
 
 
4
 
 
この施設は、都内各所に残っていた27棟の戦前建築を移築保存した野外博物館。今年に入って久々に2棟の復元工事が始まるようだ。予算の関係か、何年も解体したまま倉庫に部材を保存していたのである。
長い間子供たちの遊び場となっていた銭湯の前の空き地も、残念ながら柵で囲われていた。ここには青梅にあった古い旅館が建つという。
 
 
3
 
 
さらにもう1棟の建物が完成すると、残念ながらそこで打ち止めになるらしい。最後は四ツ谷の高台にあった西洋館、デ・ラランデ邸である。
 
ゲオルグ・デ・ラランデは、朝鮮総督府の設計で有名なドイツ人建築家。この屋敷は以前、篠山紀信がよくモデル撮影に使っていた。大昔は中央線の車窓からも見えました。
 
 
6
 
 
ここのミュージアムショップでは私の本をけっこう売ってくれたんですが、カフェの開店でショップが手狭になり、建築や歴史関係の書籍を置いていたスペースがなくなってしまいました。出版からずいぶんたったし、しかたないか。

 
ちなみに、うちは夫婦で年間パスを利用してます。
 
7
1500円です。

 
息子と2人でぶらっと来ることも多く、十二分に元を取ったが、子供を遊ばせている間ずっとビールを呑んでるので、酒代がかさんで困る。自転車も良し悪しである。

 
しかし今日は暑かったねえ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/02

すくすく子育て


昨年末、外付けハードディスクに録画するタイプの地デジTVを購入した。最初に買った1.5TBのHDがどうも調子が悪いようで、80%も録画していないのにエラーが出る。画面がちょいちょいフリーズしてしまうのだ。
 
修理すると録画した番組が消えてしまう可能性が高い。とりあえず放置し、ハブを使ってもう一台、HDを並列でつなぐことにした。ハブも含め、いちいち電源をとらなければいけないので面倒だ。

配線を終えてTVをつけると、チャンネルがNHKの教育テレビになっていたらしく、いきなり「りょうこの手あそび」 が始まった。

これは『すくすく子育て』 という育児番組の1コーナーである。どうにも説明が難しいので、ご存じない方は動画でも検索してみてください。何か変なの。

途中で顔と手首から先だけが空中を浮遊して踊る不気味な場面もあって、悪いドラッグでもやっているような気分になる。おまけにこのコーナーは結構長く、踊りと歌が終わるようで終わらず、頭がクラクラするのである。私はりょうこの一連のパフォーマンスは暗黒舞踏の一種だと思っている。

 
『すくすく子育て』、司会は照英です。

 
 Dscn1470

先日、レンタカーを借りて宮崎から鹿児島まで走った。激しい雷雨と強風の中、深夜の峠道を越えるのは実に神経を使う。時おり対向車が来ると、ライトの反射でまったく路面状態が分からなくなるのだ。
夜空が白みはじめた頃、やっと雨と風が弱まってきた。私は路肩にクルマを停め、ラジオをつけて目を閉じた。激しい疲労感。雑音に混じって、アナウンサーの声が聞こえてくる。

「おはようございます。きょうは朝から素敵なゲストをお迎えしております」

「おはようございます! 照英です」

 
私は静かにラジオのスイッチを切った。

 
翌日、宮崎空港でレンタカーを返却した。2日で400kmは走っただろうか。営業所の近くのガソリンスタンドで給油中、何気なくラジオのスイッチを入れた途端、男性の声が大音量で流れ出した。

 
「やあ! 照英です」

 
私は静かにラジオのスイッチを切った。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

連休前に


銀座のニコンへ、機材を点検に出しにいく。

ニコンのサービスセンターが入っているビルは、七丁目のライオンの裏にある。今回はドライブをかねて家族三人で出かけてみました。

行きかう人々の平均年齢が高くほっとする。自分が年をとったせいもあるが、幼児を連れて新宿あたりを歩く気になれないのだ。さすがにこの街はガサガサしたところがなく、リラックスして散策できた。日中の銀座を訪れる10代の人は、親と一緒の場合が多いようで、たいてい神妙にしているのが面白い。

中国からの観光客が多いのには驚いた。お洒落をした女性のグループが何組も通りを行きかい、買い物を楽しんでいる。中国の人、女性はスマートなんだけど、男の人はというと、何というかこう、今ひとつぱっとしないんだよね。ジャケットにノータイ、短髪小太りで、鎌倉権五郎のように肩で風を切って練り歩いている人が多いんだ。そういえば、きのうは歌舞伎座の閉場式でしたね。

 
ZARAで子供服を買い、帰りにライオンに寄る。
 
 
Dsc_0116
 
ここはいつ来ても素晴らしい。

 
クルマなので呑めず(この店に来て、ジョッキをあおれないというのもなかなか辛いものがある)、ジンジャーエールなんぞをストローでちゅうちゅうと飲みながら入口を眺めていると、ニコンのカメラを首からさげて入ってくる人がちらほら。みなさんなぜか嬉しそうだ。機材が修理から上がってきたのかな。
 
昼下がりで空いていたので、のんびりと雰囲気を楽しめました。もっとも、ここは満員で熱気のある夏の夜のほうが楽しいんですが。
 
 
Dsc_0130_2
  

 
 
『東京時間旅行 荷風!』(日本文芸社)の最新号が発売になりました。おかげさまで、私の連載・東京建物探訪も6年目に入っております。今号は東京の公園を大特集。私は関東大震災の復興公園を歩いてみました。
 
Dscn1655
 
 
先日、CS放送で成瀬巳喜男の『秋立ちぬ』(1960)を観ていたら、今回の取材先のひとつだった京橋公園が登場しておりました。隣接する京橋小はビルになり、周辺の風景はずいぶん変わっているのですが、乙羽信子と主人公の少年の後ろに映っているコンクリート製のすべり台に感動。これ、今も残っているんですよね。コラムでとりあげましたので、ぜひお読みください。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »