« ある既視体験 その2 | トップページ | 追悼・浅倉久志さん »

2010/02/16

バンクーバーオリンピック開幕

 
 
このあいだ北京の開会式を見たばかりのような気がするんですがね。冬のオリンピックをずらして、夏冬2年に1度にしてから、どうもあわただしくていけません。

オリンピックの開会式の出し物って、このところ先住民族へのお詫び大会みたいになってますな。さすがに北京では詫びていませんでしたが(かの国は詫びちゃったらおしまいだから)、絵に描いたような民族協和の寸劇をやっておりました。長野では何をやりましたっけ? 曙の土俵入りしか覚えてないや。

今回の開会式は、五輪旗をもつドナルド・サザーランドを見ることができたので満足である。サラ・マクラクランは当然出るとは思ったけれど、サザーランドがカナダ人だということをすっかり忘れていた。近年、好きな俳優が次々と死んでゆくので、こういう場でも元気なところを確認できると嬉しい。本当にでかい爺さんで、しばらく死にそうにないので安心した。
 
スノーボード代表の選手が叱られておりますが、ああいう格好も何年かしたら、なし崩し的に認められてしまうんじゃないですかね。だって、ロス五輪のとき、開会式の入場行進中にカメラをかまえた選手が大問題となって処罰されてるんですよ。今じゃ誰も咎めないのに。

競技前の選手をボロクソに叩くのもどうかと思いますが、あの国母という子も(どうやら所帯持ちらしいけど)覚悟が足りないよ。プロの選手として、五輪にそれほど重きを置いていないのなら、ケツをまくって帰ってきてしまえばいいのに。
 
 
スノーボードに限らず、歴史の浅い競技の日本人選手を見ていると、どうにも脆弱さを感じてしまう。アングロサクソン的な個性の重視、個の尊重って、日本人選手を成長させないんだよね。私は体育会的な上下のつながりは大嫌いだし、もっとも遠いところを生きてきた人間ですが、やっぱりあれが日本人にあっているのかもしれません。
 
「個性を伸ばす」「個性を重視する」と気軽に表現します。私も教育現場の一端にいるものとして、いろいろ工夫をしておりますが、これに本気で取り組むということは、日本社会全体のルールを変革すること、日本人の文化を変えることなんだよね。
 
GHQにもできなかったことが日本人の手によって実現できるのか、そして、どれくらいの人が本当にそれを望んでいるのか、興味があります。
 
 

|

« ある既視体験 その2 | トップページ | 追悼・浅倉久志さん »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

ほんとにそうですね〜。
「個性を伸ばす」教育の行き着くところは、「学校」というシステム自体を壊すことに他ならない、と、かの上野千鶴子さんも「サヨナラ学校化社会」で書いてます。

http://www.amazon.co.jp/dp/4480424601/

電車の中で携帯で話す人や、国母くんの服装なんか「気にしなく」なるようでないと、個性化の次のステップは難しいのかも。

投稿: あがすはやだ | 2010/02/16 18:14

あがすさま

>電車の中で携帯で話す人や

結局そういうことなんですよね。ただ、西欧の
個人主義のベースにはキリスト教があったりする
わけで、上っ面だけを取り入れても仕方がないし、
どうしたもんでしょうね。

投稿: へろおか | 2010/02/17 05:51

確かに。
むこうは神対私の罪文化、こっちは共同体の恥文化。
やはり小さい頃からの集団教育で無意識下に「同調強迫観念」のようなものを植え付けられてるんですよね、僕らは。
これをどう乗り越えるか(気にしなくするか)。これも教育のあり方が大きいと思います。

金子みすずの有名な詩をぱくってみました。
「みんな違って、みんなイヤ」
みすずもこう思えたら、自殺なんかしなくてすんだのではないかと(苦笑)

投稿: あがすはやだ | 2010/02/19 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/47580646

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーオリンピック開幕:

» 【五輪】 「リュージュのグルジア選手死亡、原因は選手の過失」 コースの問題ではないとして、競技実施を発表【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 [http://worldnavigation.biz/]
【五輪】 「リュージュのグルジア選手死亡、原因は選手の過失」 コースの問題ではないとして、競技実施を発表【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 [続きを読む]

受信: 2010/02/16 11:05

« ある既視体験 その2 | トップページ | 追悼・浅倉久志さん »