« 教育テレビばかり観ております | トップページ | SUPER ROCK その2 »

2010/01/18

SUPER ROCK


家に地デジのテレビがやってきた。12月の末のことである。


遠慮がちにドアをノックする音がしたので、妻が玄関へ様子を見に行った。

「あなた。地デジのテレビが」

「何、来やがったか」

ドアを開けると、玄関先に32インチの液晶テレビが居心地悪そうに佇んでいる。

「あ、あの、わたくし、地デジの」

「はいはい、分かってる。おはいんなさい」

私が言うと、テレビはおずおずと家の中に入ってきた。画面がぶつからないようにドアを押さえていると、「すみません」 と恐縮している。わが家が昨今のデジタル化の流れに疑問を呈しているのを知ってか、実に低姿勢である。

廊下で長らく年愛用していたトリニトロンの14インチテレビとすれ違った。物置部屋へと移動する途中だったのだ。6年前の大晦日、大雪を漕いでわが家にやってきてくれた愛着あるテレビである。私が「悪いな」 と声をかけると彼はうつむき、「いいんですよ」 と小声で答えた。

以来ひと月、先輩格のビデオデッキとHDDプレイヤー(もちろんアナログ)の上で、居心地悪そうに番組を映し出している。子供とは割とうまくやっているようで、毎日食事でべたべたになった手で顔を撫で回され、「あっ、あっ、坊ちゃん、やめてください」 などと小さく叫んでいる。

 
というわけで、地上波デジタルの視聴者になりました。

 
正月にCSで録画した『少年メリケンサック』を鑑賞。長くバンド活動をしているクドカンが、ハードコアのパンクバンドをコメディでどう料理しているのかと期待していたが、表層的な描写に終始していたのに失望した。小ネタの笑いをつなげるのではなく、バンドというテーマ自体をもっと面白く描けると思うんだよね。
宮崎あおいはコケティッシュだったけれど、見どころがそれだけではちょっともったいない気がした。

さて、バンド映画といえば、昨年『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』が話題になりました。吉祥寺のバウスシアターの上映が終わってしまい、実はまだ観ていないんです。

引越しの片付けで、出てきた出てきた。

Dscn1161_2
下敷です。


西武球場での2日間、このライブの会場におりました。バイトしてたんですよ。
 
次回に続きます。
 
 

|

« 教育テレビばかり観ております | トップページ | SUPER ROCK その2 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/47330621

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER ROCK:

» 農薬飲ませろロケンロー [ロックンロールで行こうぜ!]
農薬飲ませろロケンロー [続きを読む]

受信: 2010/01/19 19:51

« 教育テレビばかり観ております | トップページ | SUPER ROCK その2 »