« SUPER ROCK | トップページ | 接近遭遇 »

2010/01/19

SUPER ROCK その2

 
昨日の続き、SUPER ROCKの話です。

これは1984年の夏に行われれたへヴィ・メタルのロックフェスでして、関東では所沢の西武球場で2日間開催されました。当時私は大学浪人1年目、あの球場で案内整理員(チケット切りやファールボール拾い)のアルバイトをしておりました。夏に行われるコンサートやイベントでも仕事をしていたのです。 
 
アンヴィルとボン・ジョヴィが前座、中入り後(っていうのかな)にスコーピオンズ、大トリをホワイトスネイク、マイケル・シェンカー・グループが日替わりに務めていました。ご存知の通り、ボン・ジョヴィはのちにビッグネームになりましたが、アンヴィルってのは一体何だったんだろうと、長い間疑問に感じていました。21世紀になって彼らのストーリーが映画化されるとは夢にも思わなかった。

 
Dscn1162
 
下敷の裏面です。
 
バイト終了後に、現場責任者の人が余ったグッズをくれたんです。ロゴの入った灰皿と100円ライターも一緒に貰いました。


このイベント、なんでも本邦初のメタル・ロックフェスだったらしく、伝説のライブなんだそうですね。残念なことに、スコーピオンズが荒城の月を演奏して日本語で歌ったこと、アンコール前の最後の曲で花火があがったことくらいしか記憶に残っておりません。アンヴィルの映画の予告編に登場する、屋根のない西武球場の空撮映像は非常に懐かしいのですが、当時私はパンクとニューウェイヴばかり聴いていたので、メタルにはほとんど興味はなかったんですな。
 
そもそもこのバイトでは、いかに休憩をとるかということを至上命題に考えていたので、当日は現場を年下の人にずっと任せていたような気がします。アンヴィルがトップバッターで登場する時分は、客の入場が一段落する頃で、球場裏で弁当を食べてました。

とにかく長いイベントでした。お客さんを入れる前の朝一番から準備をして、夜9時ごろまでライブ。お客さんを場外に出し、そのあとに残って掃除をしてたんだった。そんなこと、今ではとてもできません。

どのバンドだったか忘れたが、メンバーが池袋か新宿から西武の特急電車でやってきて、所沢駅で降りて立ち食いソバ屋でコーヒーを出せと大騒ぎしたという。ほんとかなあ。
 

|

« SUPER ROCK | トップページ | 接近遭遇 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

連続投稿失礼いたします。
映画「アンヴィル」号泣しました・・・
詳しくは僕の日記に。

http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=123399&log=20091204

僕は当時ヘヴィメタ小僧な大学生でしたが函館にいたので見に行けませんでした。すごいメンツのフェスだったことは記憶に残ってます。
マイケルシェンカーは、先週中野サンプラザで観てきました。まだ現役です。ドラムがサイモン・フィリップスでした。

投稿: あがすはやだ | 2010/01/19 22:14

あがすさま

ブログ拝読しました。都心に見に行くか、DVDを待つか考えています。マイケルシェンカー、いまなお健在なんですね。

サイモン・フィリップスって、ミック・ジャガーが初来日したときにドラムを叩いてた人でしたっけ? あれは東京ドームに見に行ったんですが。

投稿: へろおか | 2010/01/23 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/47338581

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER ROCK その2:

« SUPER ROCK | トップページ | 接近遭遇 »