« クサナギさんのこと | トップページ | グレイの2CV »

2009/04/28

明日の神話

 
先日、取材で代々木体育館にいきまして、内外のデザインを改めて堪能してきました。ロビーにある岡本太郎の作品をじっくり鑑賞できて楽しかったです。この人と丹下健三とのコラボはけっこうありますが、考えてみれば、元来モダニズムの丹下と岡本太郎の作風は水と油なんだよな。
 
さてさて、渋谷マークシティの連絡通路に『明日の神話』 が展示されてから、はや5ヶ月。

 
Dsc00020
 
 
公開されてひと月ぐらいしたころに見に行きました。やはり足をとめて携帯のカメラで撮影していた人が多かったです。スペースにもう少し引きがあれば、頭をめぐらせずに全体像を見ることができるんだけどね。

 
この壁画を見てつくづく思ったのは、通勤で渋谷駅を利用していなくてよかったということである。

力強く素晴らしい作品だと思う。しかしねえ、この絵はわれわれへの警告なわけでして、通勤の行き帰りにいつも見上げるのはかなり辛いだろうと思うのだ。黒澤明の『生きものの記録』(1955)を、毎日イスにくくりつけられて見せられるようなものである。
 
「見なければいいじゃん」 と言われればそれまでだが、おそらく私には無理だ。メデューサに睨まれた兵士のように、この絵の前で朝に晩に硬直してしまうだろう。

『明日の神話』 は岡本太郎57歳のときの作品。枯れた味わいなどというものとは一切無縁、剛腕一本勝負の大作である。黒澤作品を例にあげたけれど、個人的には、こういう場所に飾る作品なら、『夢』 とか、『八月の狂詩曲』 くらいのメッセージ性がちょうどいいのではないかと思いますが、いかがでしょう。

老いを重ねてもなお、あのテーマに拘泥した黒澤も凄いんですがね。 
 
 

 

|

« クサナギさんのこと | トップページ | グレイの2CV »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/44818016

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の神話:

« クサナギさんのこと | トップページ | グレイの2CV »