« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/28

明日の神話

 
先日、取材で代々木体育館にいきまして、内外のデザインを改めて堪能してきました。ロビーにある岡本太郎の作品をじっくり鑑賞できて楽しかったです。この人と丹下健三とのコラボはけっこうありますが、考えてみれば、元来モダニズムの丹下と岡本太郎の作風は水と油なんだよな。
 
さてさて、渋谷マークシティの連絡通路に『明日の神話』 が展示されてから、はや5ヶ月。

 
Dsc00020
 
 
公開されてひと月ぐらいしたころに見に行きました。やはり足をとめて携帯のカメラで撮影していた人が多かったです。スペースにもう少し引きがあれば、頭をめぐらせずに全体像を見ることができるんだけどね。

 
この壁画を見てつくづく思ったのは、通勤で渋谷駅を利用していなくてよかったということである。

力強く素晴らしい作品だと思う。しかしねえ、この絵はわれわれへの警告なわけでして、通勤の行き帰りにいつも見上げるのはかなり辛いだろうと思うのだ。黒澤明の『生きものの記録』(1955)を、毎日イスにくくりつけられて見せられるようなものである。
 
「見なければいいじゃん」 と言われればそれまでだが、おそらく私には無理だ。メデューサに睨まれた兵士のように、この絵の前で朝に晩に硬直してしまうだろう。

『明日の神話』 は岡本太郎57歳のときの作品。枯れた味わいなどというものとは一切無縁、剛腕一本勝負の大作である。黒澤作品を例にあげたけれど、個人的には、こういう場所に飾る作品なら、『夢』 とか、『八月の狂詩曲』 くらいのメッセージ性がちょうどいいのではないかと思いますが、いかがでしょう。

老いを重ねてもなお、あのテーマに拘泥した黒澤も凄いんですがね。 
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/23

クサナギさんのこと

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000557-san-pol
鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」


地デジの普及率の低さにイライラしているのはわかるが、かりにも法務大臣をやった人間が、起訴前の人に対してよくもこうボロクソに言えるものである。同じことを中川にも言え、中川にも。

ところで、今回のニュースは帰宅後に夕刊を読んで知ったのですが、テレビ欄のニュース番組のところに出ている予告で、「クサナギ容疑者」 という表記でこの一件に触れているのはTBSとフジテレビのみ。あとの局は事件自体の記載がない。まあ様子見だったのだろうが、以前にSMAPの他の人が事件を起こしたときに民放各局が使った「○○メンバー」 なる珍妙な用語が出てこないのは、それだけジャニーズの影響力が落ちてるってことでしょうね。

なんだかナベプロの盛衰を思い出すような話です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009/04/17

勝利の女神


東博に阿修羅展を見に行きたいと書きましたが、今回は会場で面白いものを売っていたようですね。

 
P22
 
阿修羅像(全長12cm)

 
東博HPより。フィギュア界の雄、海洋堂の製作。大人気で品切れになり、再生産分も早々に予約が一杯になったようです。

こういうのを見ると、ちょっと欲しくなってしまうんだけど、これ、飽きたときに片付けるのに往生しそうだ。腕ははずれるんだろうか。そもそもわが家は、本棚も机の上も、こういった小物を置くスペースがまったくないのだが。

20代の頃に勤めていた学習塾の戸棚には、大仏や弥勒菩薩の置き物がたくさん並んでいた。修学旅行に行った中3の子たちの土産物だ。プラスチックに金メッキがしてあるような、まあ何というか、しょうもない一品である。
あれは勢いで買ってしまったものの、家の人に「こんなものどうすんの!」 と怒られたんだろうな。処置に困って、みんな塾にもってくるのである。安手の大仏像がクローンのように増殖し、なかなか壮観であった。

 


さて、彫像モノのミニチュアで、以前から欲しいと思っているのがこれ。
 
 
S_10_02_2
 
サモトラケのニケ
(全長15cm)
 
 
高知県立美術館HPより。フランス国公立美術館連合のミュージアムグッズで、ルーブル美術館認可のものらしい。お値段は30000円ほど。

 
実は、ニケだけは本当に欲しいんですよ。昔から。でもやはり置く場所がねえ。

 
いろいろ調べてたら、こんなのがありました。古代文明シリーズだって。いや全然知らなかった。食玩恐るべし。
 
http://www.butsuyoku.net/shokugan/collect/index.html
http://www.butsuyoku.net/shokugan/collect2/index.html
http://www.butsuyoku.net/shokugan/collect3/index.html

なんという無駄に豪華なラインナップ。ニケはシークレットで、頭部と腕を再現したものも出ていたんですね。

 
このシリーズのニケ様は人気があるのか、ヤフオクでもほとんど出品されていないようです。シークレットのほうはときどき見かけるけれど、案の定こっちは人気がない。まあそうだよね。シークレットが全然売れないという、珍しいことになってます。

 
オークションをさらに検索してみたら、ニケのネックレスが出品されているのを発見しました。全長2cm。ハンドメイドだそうで、とっても安い。車のキーにつけようと思いまして、購入いたしました。
 
 
Pict2361
 
 
どうでしょう。なかなか可愛らしくて、なんだかチェーンを切るのがもったいなくなってしまった。かといってネックレスをする趣味はないし、どうしたもんかな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/14

お詫びと訂正

3月10日付の当ブログ日記、「ありがとう、さようなら」 の記事中に、事実と異なった記載がありました。

文末に、「さようなら、楽しかったフランス車との日々!」 とありますが、この部分は誤りでした。削除して訂正いたします。お読みの皆様に誤解を与える表現となりましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 
 
 
 

新しいマイカーでございます。


Dsc00011_2
ルーテシア
(競売NO.123 2000年式・検切れ)



いや、まあ何だ、そういうことです。


だってさ、トヨタの中古車オークションにルノーが並んでるとは思わないもん。なんだか程度も悪くなさそうだし、こりゃ買っちゃいますよ誰だって。あははは。

実はオークション直前に、妻と実車をチェックしました。車齢の割に走行距離が妙に少ないのが気になったのである。 
妻は車内を念入りに見回して断言した。

「これは女の人が乗ってたのよ。だからあまり走ってないの」 

「どうしてわかるの?」

「車の中でおやつを食べたあとが残ってるでしょ? ほれ、ここにチロルチョコの包み紙が落ちてる。ほれここにも」

シャーロック・ホームズのような人である。

 
私はネガティブ・シンキングな人なので、競売に参加してもらう修理工場の社長にもいろいろ相談してみた。

「これは一体いくらぐらいになるんでしょう? もしかして何人かで競りあって、どんどん高価くなっちゃうという可能性が」

「誰も入札しませんよ」

 
 
というわけで、首尾よく入手に成功しました。車検整備をお願いし、めでたくわたくし共の手元にやってきたのでした。


Dsc00014
 
 
元来はルノー・クリオという車。現行車はこっちの名前で売ってるようですね。キビキビとよく走る小型車です。なかでも気に入ったのが車内のインテリア。質素なんだけど、決して安っぽくなく品があります。乗り心地はまあ、シトロエンとくらべるのは可哀想ってもんです。でもね、ハイドロサスペンションの不調やオイル漏れに悩まされる心配がないというのは大きい。ほんと、これはものすごく大きいです。クーラーもよく効いてるよ。

いやあ、ルノー最高!
今日から通勤で乗ってルノー!! 
  

「おまえ最低」「裏切者」 といったダブルシェブロンの元同志からの罵声が聞こえてきそうなので、このへんにしておきます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

八部衆と十大弟子来たる

 
興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」  
東京国立博物館平成館で開催中
 
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=6113

なかなか豪快な出開帳である。見に行きたいが、平日でも大混雑らしい。

秘仏のお出ましや出張は、江戸時代からさかんであった。寺も街も地場のヤクザも大もうけできるお祭り騒ぎだったのである。独立行政法人になった東博もなかなか苦労しているんだろう。乾坤一擲の大勝負に出ましたな。

どうせなら、表慶館と本館の前にずらりと屋台でも並べればいいのにね。こんな機会は少ないんだから、歌あり踊りありにして、出開帳という一大イベント自体を再現したほうが面白いんじゃないかな。
 

前から思っているのだが、ナショナルミュージアムなんだから、常設展だけはタダにすべきだと思うがなあ、国立博物館は。

文化国家として恥ずかしいよ。


 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/04/12

左手が勝手に動く

 
15年以上遠ざかっていたのに、左手はあの感覚を忘れていなかった。手先が自然に動いてしまう。面白いものだ。

別にスリの奥義を語っているわけではありません。これの話。
 

Pict2357


先日知人から譲ってもらったバイクです。こいつを運転するために、マニュアルの小型二輪免許を取得したのです。スクーターですが、左のレバーがクラッチで(リアブレーキは右足のペダル)、左ハンドルを手首でひょいひょいと廻して変速します。ハンドシフト4速。久しぶりにべスパ乗りに復帰いたしました。
 
20代の頃に乗っていたのは、スモールボディの50ccと100ccだった。100ccは事故車のエンジンを仲間と一緒に50の車体に積み替えたものです。なにせ車体が一緒なので、換装できてしまうんですな。思いっきり道交法違反でした。ごめんなさい。

オールドスタイルのべスパは、ラージボディとスモールボディというのがありまして、むかし日本の街中でよく見かけたのはスモールボディのほうでした。べスピーノとよばれていて、イタリアでミドルティーン向けにつくった免許不要の乗物だったんだけどね。今回譲ってもらったのは、スモールボディ最大の排気量だった、ET3というクルマです。125ccで、1960年代に販売されていた、プリマベラという人気モデルの復刻版。

どうやら20年ほど前の車体らしい。エンジンは快調なものの、ずいぶんとヤレています。私で3人目のオーナーらしんですが、最初のオーナーがかなり大雑把なメンテナンスをしてたみたい。

Pict2356_4
 
 
なんと、レッグシールドのモールをぐるりとコーキング剤で固定してる。ぶつけたかコケたかで、車体がビビるようになったんだろうな。でもまあ、昔は私もこんな感じで扱ってたので腹も立ちません。当時はやたらとパーツが高かったし、やらずボッタクリの店も多かったからね。
 
ミッションケースからのオイル漏れがけっこうあるので、まずはガスケットとOリングの交換だな。フロントフォーク以外はだいたい自分でなんとかなりそう(注)

 
注… 素人がべスパのフロントフォークを抜くと、再組み立てのときに発狂します。中を通っているワイヤー類を入れるのがものすごく面倒くさいのだ。ほんとはシフトやクラッチケーブルのアウターを交換したいんだけど。ちょっとやる気にならん。

 
ネット時代のありがたいところで、以前乗ってたころと比べると情報は得やすいし、ものすごくパーツ事情がよくなっている。コツコツサビをとって磨いて手直ししたら、梅雨前にパテ盛りして缶スプレーで全塗装する予定。

べんべんべんべん、べんべらべんべんと、人を馬鹿にしたようなエンジン音がいいんだよな。べスパって。
 
 
Pict2358_2

 
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/10

ありがとう、さようなら


今日は悲しいニュースです。

9年間乗ったわが愛車、濃紺のシトロエンBX19TZIがついに壊れました。

BX乗りの誰もが恐れるオートマチックの故障。AT換装、あるいはマニュアルミッションへの積み替えという荒技もあるのですが、17年落ち、12万kmという走行距離と、費用対効果を考えて手放すことを決心しました。
 
 
Dsc_0017
 
 
あんまり愚痴はいいたくないが、どうせ壊れるならあと3ヶ月ばかり早ければよかったんだよね。年末に車検を通して、マフラーとバッテリーを交換し、御丁寧にタイヤも4本新調したところだったのである。
まあ車齢を考えると、日常乗りの車としてはこれが最後の車検かな、という気はしておりました。手をかけてはきたけれど、そろそろ故障が続出しそうな予兆はあったのだ。安全深度を越えた潜水艦内のあちこちで、海水が噴出しはじめるようなものである。

引越しを控えて、あまり車に手間と時間をかける時間はない。残念ながら、非常に残念ながら、世話になっている修理工場の社長に、トヨタの中古車オークションで手頃なクルマを手配してもらうことにしました。国産車いちども買ったことないから、良し悪しが全然わからないよ。

思えば24歳のときに茶黒のシトロエン2CV6チャールストンを購入して以来、2CVに13年、ボビンメータのCX25GTI・シリーズⅠに2年、BXに9年と、冥府魔道のオートモビルズ・シトロエン街道をひたすら驀進してまいりましたが、ついに長いお別れのときがやってきたようであります。


ありがとう、シトロエン!
さようなら、楽しかったフランス車との日々!
 
 
Pict2286
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

卒業式


〆切り日になっても原稿が進まず、頭がどうにもこうにも働かなくなって、かといってぼんやりしていると寝てしまうので、気分転換に日記を書きます。3月末のある日のこと。


「ここで学んだことを、ぜひ忘れないでいてほしいと思います」
 
「何事も感謝の気持ちが大切です。家を出るときは、お母さん、ありがとうの一言を」

「お爺ちゃんお婆ちゃんはお元気でしょうか。みなさんにぜひ知っておいて欲しいことがあります。いいからそこに座っていてね。この一言がお爺ちゃん、お婆ちゃんをどれだけ傷つけることか。親切で言われても、お年寄りの方々は思うんです。ああ、私はもう役立たずなのか、と」

卒業生は、先生の熱弁を静かに聞いています。もちろん私も謹聴しています。身振り手振りをまじえたお話は、30分を過ぎても終わることがありません。

「卒業おめでとうございます。社会人として、これからも交通安全にだけは心を配ってくださいね。それでは卒業証明書をお配りします。名前をよばれた方、こちらへ」


通勤用のオートバイの免許を取るために、この1月ばかり近所の教習所に通っておりました。知人から125CCのバイクを譲ってもらうことになったのですが、私は単車の免許をもっていないのでした。20年ぶりに自動車教習所の門をくぐり、男らしく(意味なし)小型限定免許を取得いたしました。
(大きいバイクはもう乗ることはないだろうと、あえて中免にしなかった。費用は大して変わらないのだが)

毎回、プロテクターと肘あて・膝あてを装着して二輪待合室で教習を待つんだけど、いやもう、まわりはみんな平成生まれですよ。同年代の人はほとんどいなかったな。
 
それから、よく考えれば当たり前ですが、教習所というのは、生徒用の駐車スペースってあまりないんですね。職員用の駐車場にクルマを駐めさせてもらい、朝一番の教習のときは教官の人に挨拶をしてクルマ談義になったりして、なかなか面白かったです。 
 
卒業前にアンケート用紙が配られ、教習の教え方、教官の態度などについていろいろ質問があった。教え方は簡潔で分かりやすく、みなさん人柄もよかったのでまったく不満はない。最後の空欄に「お世話になりました」 と書いて提出したが、そのあとに冒頭の冗長スピーチおじさんが颯爽と登場したのである。不満はそれだけだが、アンケートに書けないじゃないか。ずるいよ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/08

丸ポストの話

 
近所に住んでいる母親から、焼きビビンバをつくっているから持っていきなさいとの電話。行ってみると、横川名物・峠の釜めしの素焼きの器を火にかけている。この容器はご飯も炊けるし、いろいろ使えて面白い。あつあつの焼きビビンバを2つ、「北朝鮮ミサイル発射」 のヘッドラインがおどる古新聞につつんで、あち、あち、と呟きながら家へ持ち帰る。

 
1
 
「大人の遠足マガジン」(JTBパブリッシング)2009年春号が発売中です。連載・古道探索は、水戸街道の稲吉宿を訪ねました。すばらしい屋敷町でした。

今号は特集ページの最後に「街角再見」 というコラムも書いています。旅先で見かける道端の石碑や看板、仏像などを取り上げて解説したものです。
ご存知・丸ポストも取り上げてみました。厚ぼったくペンキが塗られた、鋳物製の古い郵便ポスト。実はあれ、もう圧倒的に少数派なんですね。昔からファンは多いですが、最近は自分のサイトで写真をアップしたり、所在地のデータベースを作成している方々もいるようです。

ただ、今回誌面で取り上げるにあたって、ちょっと考えてしまったことがあった。このポスト、今でも近所にある人にとっては珍しくも何ともないんだよね。だって、何十年も見慣れているんだから。あんまり懐かしい懐かしいと謳うのもどうかと思いまして、今回は歴史的記述にとどめました。
 
私が住んでいる東京都小平市には、30あまりの丸ポストが残っている。何でもこれは都内で最大の数だそうです。小平市はこれらを町おこしの一環として活用し、「丸ポストマップ」なんぞを配布している。
投入口が小さく、容量も少ない丸ポストは郵便屋さん泣かせであり、どんどん四角いポストに取替えられてしまいました。小平市も10年ほど前までは、もっと残っていたんですけどね。

 
Dsc_0149
 
わが家の近くの丸ポストです。とある一軒家の角に置かれているが、お住まいの方が自分の家の置き物のように大切にしていて、まわりを一年中草花で飾っている。可愛らしい。

 
来月、このお宅の近所に引っ越すことになりました。バス停への行き帰りには、このポストの横を通る。今から楽しみである。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

複製品を前にして考えたこと その2

 
大学の史学科を出て、20年近く中学・高校で歴史を教えてきた。

建物好きの自分がつくづく歴史屋だと実感したのは、10年ほど前だったか、いわゆる「廃墟」 がブームとなったときだ。国内の打ち捨てられた工場や人家の写真集が書店に並ぶようになり、一部で人気を集めたのである。
実質的には廃墟写真のブームだったのだが、私はあまり心を動かされなかった。それらの本のほとんどは、遺物の歴史的背景や、そこで働き、暮らした人間に存在に対して無頓着だったからだ。お化け屋敷をのぞきこむ感覚で紹介している本も目立ち、これでいいのかなと考えざるを得なかった。
 
長崎県に端島という人工島がある。軍艦島と通称されるこの炭鉱の島は、廃墟ファンには人気のスポットのようだ。
(世界遺産にという声もあるが、重要な建築物の多くはすでに失われている)
 
私は端島の荒廃したコンクリートの建築物を、階調や色彩をいじり倒してドラマティックに仕立てた写真で見るより、居住区をつなぐ回廊で遊ぶ子供たちの古い写真を見つけだして眺めるほうが好きだ。そして、そこにつくられた最大の建物が、1945年8月15日、終戦の日をはさんで突貫工事で建設されたというエピソードに心震える。国策である石炭生産施設の建設は、敗戦とは無関係に進められたのだ。遺物に残る長い歴史は、廃墟写真だけでは決して感じ取ることはできない。

歴史への敬意は、絶対に必要だと思うのである。

丸の内の主である三菱地所が、1号館を復元するというニュースを最初に耳にしたとき、脱力感に近いものを感じた。日本の近代建築や建築史に興味のある人ならご存知だと思うが、オリジナルはJ・コンドル設計の傑作で、残っていれば明らかに重要文化財になっていた歴史的建築だったのである。1960年代の後半、三菱地所は保存を求める声に耳をまったく耳を貸さず、反対運動が盛り上がるのを恐れてこの建物をあっという間に解体した。
いかにも高度経済成長期らしい話であり、当時としてはとくに珍しい出来事ではなかった。ただ、今回復元するにあたり、この建物を美術館として、丸の内の文化の発信地として活用するというアナウンスに、どうにも抵抗を感じるのである。
さらにいうと、復元された三菱1号館が建つのは元の場所ではない。この複製品をつくるために、大名小路に唯一残っていた戦前建築、八重洲ビルを取り壊しているのだ。八重洲ビルヂングは小ぶりな尖塔をもつ、素敵なオフィスビルだった。中央郵便局の取り壊しを待たず、戦前の丸の内名物・一丁ニューヨークの面影を残す建築はすべて消えてしまった。

完成間近の新三菱1号館は、建物の一部に保管してあったオリジナルの部材を使っているという。実際よくできていて、三菱が「本気」 で取り組んでいることが一目で分かった。どうせテーマパークの建物のように嘘くさい仕上がりになるのだろうと思っていたので、これには本当に感心した。
 
感心はするけれど、どうしても感動することができないのだ。

Dsc_2317
 
Dsc_2322
 
 
この建物も、結局は丸の内のレトロな新名所として認知されるのだろうね。見上げる日本人の歴史観を問う、踏み絵のような不思議な建築です。ぜひ一度ご覧になることをお勧めします。
 
 
 
Dsc_2329
一部が「保存」された八重洲ビルヂング。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »