« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

複製品を前にして考えたこと その1

 
自動車やバイクを趣味にしている方はお分かりだと思いますが、車やオートバイで、かつて発売されていた有名車種、歴史的名車と同一デザインの製品が発売されることがありますよね。その車両に憧れた人のほかにも、オリジナルを保有している人が面白がって購入する場合もあるようです。
このようなクルマは、一般にコピーとかレプリカとかよばれています。どんなにいい出来であっても、どこか物悲しさを感じてしまうのですが、オリジナルへの敬意と愛情が感じられるものも多く、一概に悪いものとは言えません。

 
コピー製品をめぐる、私の好きなエピソードをひとつ。

日本国内の道路を走っていた車両がトラックと二輪、そしてオート三輪ばかりだった昭和30年代前半、大東精機というオートバイメーカーがあった。この会社が造っていたDSKというバイクは、ボルトナット1つ、ネジ1本までBMWをコピーしたものだったそうである。BMWを買って分解し、すべてを同じものに仕上げようとしたのである。
冶金もプレスも金属加工も、戦前から続くドイツの高い工業技術にはとどかない。BMWのクローンのような外観をもつDSKだったが、決してBMWと同じ性能を出すことはできなかった。
しかし面白いことに、BMW社はこのコピー商品の輸出こそ認めなかったものの、国内販売をOKしているのである。技術力の格差を見て、ライバルにはなり得ないと判断したのだろう。馬鹿正直にBMWへ販売許可を求めた大東製機にも感心するが、自分たちの力を尽くしてコピーを造ろうとした職人たちの真摯さ、仕事ぶりは心を打つものがある。そこにはオリジナルへの敬意があると思うのだ。

 
コピーと似たような意味の言葉で、フェイクというのもありますね。私はこの言葉がコピーやレプリカとどこが違うのかと長い間考えていた。
複製品というのは、ファッションから美術品まであらゆる分野にみられるので、これらの言葉の使い方は人によってまったく異なるだろうし、何がいいか悪いかという判断はさらに難しい。以下の考えは私の個人的な使い分けなので、異論があってもご勘弁願います。
 
オリジナルへのリスペクトがないものが、フェイクなんじゃないかな。
 
国内の自動車メーカーがあいついで浮かれた車を販売していたバブルの頃、某メーカーがレトロなスタイルを売り物に、フランスの有名実用車によく似た車を販売したことがある。私は当時この車が心底嫌いだった。そりゃないんじゃない、と。
 
日本の自動車黎明期、国産各メーカーは海外の車のデザインをずいぶんと手本にしたし、真似もしてきた。それらがいいこととは思わないが、先に紹介したDSK同様、そこには先人へのチャレンジという側面があり、同時に工業中進国の悲哀もあったのである。世界の自動車業界の頂点に立って、何だって有名な外国車のデザインを頂くのかなと。
 

さてさて、今回はどうしてこんなことを書いているのかというとですね。

先日小学生の姪と2人で、お台場の船の科学館を見学してきたのです。
ゆりかもめを降りた新橋駅から東京駅までガード沿いに歩き、姪に銀座や有楽町の歴史を話していました。ここは大名が屋敷をたてていたところだよ、とか、山手線の走っている赤レンガの高架線は100年以上前につくったんだよ、とか、これが帝国ホテルっていうんだよ、とかね。

丸の内に入り、大名小路の交差点で思わず足をとめました。ああ、造ったんだ。本当に造ったんだ。

 
 
Dsc_2311
 
三菱1号館(複製)


次回に続きます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/27

公園遊具雑感

 
息子をつれて、あちこちの公園で遊んでいます。

近年は安全性の問題から、公園の遊具がどれもこれも小ぶりになってしまった。すべり台なんか、我々が子供のころの半分ぐらいの高さしかない。
少々淋しさも感じるが、ケガをする子供は見たくないし、まあ仕方がないかなという気もします。以前に危険が指摘され、公園遊具としてほぼ絶滅してしまった箱ブランコなどは、想像を絶する遊び方をしている少年たちもいたしね(注)。そういえばコンクリート製の造形的な遊具もめっきり減ってしまいました。


注… 座席の背もたれの部分に立って、動かない外枠の横棒につかまり、足で思いっきり勢いをつけて漕ぐのである。振幅が最大になったところでガシャンと大きな音がしてロックし、ブランコは高い位置でななめに固定されて動かなくなってしまう。ちょっと説明しづらいんですが、ちょうど平行四辺形を潰したような形になります。あれはうちの近くの箱ブランコだけの現象だったのかな。
これは腕白小僧がときどきやっていた危険な遊びだった。悪ガキの蛮勇はともすれば周りの子供たちの賞賛と尊敬を得るものだが、この遊びだけはさすがに「あれはマズいんじゃない?」てな感じで見られていた。何にせよ、私のようなチキンな少年には決して真似のできない大技でした。


 
先日、取材で都内を歩いたときのこと。とある小公園で。
(写真はクリックすると拡大します)

 
C2_1
 
うひゃあ。
 
C2
 
 
小さい子は安心だろうが、何だかなあ。
これでは踏み台である。


 
 
みなさん、昭和の子供たちの大遊具を見よ!
 
 
1
 
 
昭和5年(1930)に開園した、東京都内に唯一残る関東大震災の復興記念公園・元町公園(文京区)のすべり台。砂場ともども、公園のコンセプトであるシンメトリーのデザインに沿った造形です。すべり台自体は戦後のものだと思いますが。


2
 
しかし急な階段である。

 
3
 
プラスティックでは真似のできない造形美と質感。でも、摩擦が大きくてあんまり滑らないんだよね。コンクリートのすべり台って。

 
4
 
隣にあったらせんのすべり台。
このタイプも以前はたくさんありました。
 
 
5
 
らせんすべり台には、改修の張り紙があった。おそらく取り壊してしまうんでしょうな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/22

春の日に


あたたかな木曜日、勤務している中学校の卒業式に行ってきました。

私はもともと歴史屋であり、高校で日本史を教えていたのだが、いつのまにか中学校での仕事がメインになっている。中学生はどの学年もかわいいけれど、中3の公民、政治経済の分野を教えるのがいちばん楽しい。地理歴史では中途半端にならざるを得ない部分(政治体制の違いや、好景気や不景気の意味や原因など)を踏み込んで解説することができるからである。毎年最後のテストで授業の感想を書いてもらうと、TVのニュースでやっていることがわかるようになった、親と世の中の出来事について話すようになったという声が多い。なかなか教えがいのある科目だ。

卒業式終了後、多くの生徒が声をかけてくれた。いい子たちで、別れるのが残念だった。
 
私は講師なので、彼らとおつきあいしたのは授業中だけである。学校行事や部活などを通して、毎日をともに過ごした先生方と異なり、卒業までの時を共有していないという一抹の淋しさがある。何というか、卒業してしまったという実感がないのである。月曜日に教室をのぞいたら、みんな席で授業を待っていそうな感じなのだ。まあ、毎年のことではあるのだが。
 
Dsc_0282
 
 
あなたたちが決めた新しい居場所が、あなたたちをさらに成長させてくれますように。
卒業おめでとう。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/08

原稿書き専用機 その後


外出先で原稿を書く道具として導入した往年のモバイルツール、ドコモのシグマリオンですが、もう何というか、これがなくては仕事にならぬというほど使い倒しております。本当に便利。

購入の経緯はこちらをご覧ください。 … (1)(2)
 

このところソニーのVAIOをはじめ、超小型のノートパソコンが話題になっていますね。性能はいいんだろうけど、テキスト打ちオンリーの私には明らかにオーバースペックだし、だいたい動画が見られたりネットに手軽に接続できたりしたら、仕事にならんではないですか。

昨年末くらいから、キングジムのテキスト打ち専用機・ポメラが売れていて、生産が追いつかない状態だという。やっぱりこういうニーズはあるんだなあ。
このマシン、大きなキーボードは魅力的なものの、レビューを見る限り、使い勝手の良さはいまひとつという気がします。

わが家のシグマリオン、残念ながら愛用2年目入ってついに不具合が発生。モニタ部を支えるヒンジが破損してしまったのである。画面部分が固定できず、後ろにパタンと倒れてしまう。

Dsc03625_10

なんでも、これはユーザーの多くが経験するトラブルらしく、ヒンジ部分の材質が悪いのが原因だという。注意して使っていたのだが、チビ太郎が床にぶん投げたショックで壊れてしまったのでした。仕事モノは幼児の手の届くところに置いてはいけません。
モニタの後ろにモノを置いておけば問題なく使えるのだけれど、できれば直したい。修理方法をネット上で公開している方々がいるので、それを参考に自分で修理することにした。

でも、なんだか分解中に壊しそうで怖いんで、修理の失敗に備えて、
 
 


Dsc03626_6
2号機を購入いたしました。

 
オークションで5000円。
これだけ安いと、いくつか予備を置いておきたくなる。

1号機の各種データとエディタソフト、電子辞書起動プログラムをすべてコピーし、まったく同じマシンに仕上げています。さすがに本体への保存だけだと不安が残るので、書いた原稿は必ずCFカードに移し、たえず家のパソコンにコピーしている。
10年前の機材ながら、2GBくらいのCFは平気で使えます。 
 
 
当初は壁紙まで同じにして喜んでいたが、東京オリンピック競技場シリーズということで(とくに意味なし)、2号機は駒沢体育館にしてみました。

Dsc03627_13

Dsc03628_2


3号機を買ったら日本武道館にする予定。さて4号機はどうしようか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

ひるねしよう。

 
Pict2158_2
ぐう。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/04

ミニ荷風! 読めます

 
先日ご紹介したフリーペーパー、『東京時間旅行 ミニ荷風!』(東京都交通局) ですが、どうやらほとんど配布されてしまったようで、都営地下鉄の駅、都バス車内でお目にかかることはできなくなってしまいました。
 
全然知らなかったのですが、バックナンバーをここで読めるようですね。

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/magazine/travel/index.html 
 
冒頭で紹介されている「過去と未来の東京五輪」 がわたくしの連載です。ぜひご覧ください。なお、本誌は隔月刊であります。

そうだ、掲載しなかった写真を一枚紹介しましょう。本文を読んでから見てくださいね。
(クリックすると拡大します)

 

 
 
 
 

Dsc_0438
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »