« 眠れぬ一夜 | トップページ | あたご衝突事件 »

2008/02/11

ソウルの夜

 
前回に続き、20年前の韓国旅行の話。

釜山の安ホテルで一泊した翌日、私と友人は釜山駅から特急に乗った(注)。まるで北米大陸の山中を走っているような、巨大なディーゼル機関車に引かれた客車列車だった。轟音とともに低いプラットホームに入ってきた機関車の屋根の上に、汽笛用の大きなラッパが2本並んでいたのを思い出す。
当初は古都・慶州を訪問するはずだったのだけれど、駅の窓口で言葉がまったく通じず(まだハングルは読めなかった)、面倒くさくなってソウルまでの切符を買った。
 
 
… 当時朝鮮半島で最も早かった特急列車・セマウル号。毎年訪韓するたびに新しい車輌になっていたが、このときに乗った古い客車列車が、最も乗り心地がよく豪華だった。「セマウル」は新しい村という意味で、朴正煕政権下で進められた農村改革運動をさす。70年代から80年代にかけて、日本の中学や高校の地理の教科書にも、北朝鮮の「千里馬(チョンリマ)運動」とあわせてセマウル運動が説明されていた。「北は工業、南は農業」などと勉強したことを覚えている人もいるかもしれない。
 
 
ソウル到着は夜遅くになり、宿を決めていなかったわれわれは市内のあちこちを歩き回った。ちょうど旧正月の前後で、どこもホテルが満室だったのである。大荷物を抱えて、ソウル名物の長い長い地下道をめぐり、何度も階段を上り下りするうちに、いつのまにか繁華街に出ていた。
ロータリーを埋めたクルマやバスの群れ。ヘッドライトが織りなす光芒の向こうに石垣が聳え、巨大な城門が闇に沈んでいる。
 
はじめて見た南大門だった。私の記憶では、当時はまだライトアップなどはしていなかったように思う。激しい寒さと疲労のなかで仰ぎ見た古い城門は、のちの美しく整備された姿とは異なり、塗装は剥げ色褪せていて、どこか陰鬱な印象を受けた。

1988年2月11日の夜のことである。ちょうど20年目のその日に、このようなニュースに接するとは。
 
 
<南大門火災>火災で崩れた崇礼門…国民も泣き崩れた
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=95855&servcode=400§code=400
(中央日報)

2008021199111656

 

|

« 眠れぬ一夜 | トップページ | あたご衝突事件 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

残念です。
それしかありませんね

投稿: 50 | 2008/02/12 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/40090005

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルの夜:

» 温泉旅行で行楽満喫しよう [温泉旅行で行楽満喫しよう]
温泉旅行は、できれば格安で家族や友人と楽しみたいですね。日帰りなら効能の良い良質な温泉地へ、泊まりなら料理も美味しい温泉宿へとプランの幅は盛り沢山。最近でペット同伴可能だったりバリアフリーなどの宿も多いので、行楽がてらに満喫できる温泉旅行を紹介します。 [続きを読む]

受信: 2008/02/12 19:10

« 眠れぬ一夜 | トップページ | あたご衝突事件 »