« 路上にて | トップページ | ヒラリーとオバマ »

2008/01/23

スカートを引きずったような

 
昨日、フランスの高級車・ドラージュを取り上げました。実に官能的なデザインなので、もう少しご紹介したいと思います。D8-120というタイプで、1938年の車。
(写真はクリックすると拡大します)

 
Dsc_0333
全長5256㎜。4人乗りだが、後席は狭い。プードルでも乗せるのだろう。

 
Dsc_0337
前輪にこんなスパッツつけたら、カーブ曲がれないぞ。
 
 
世界的に流線型が流行っていた時期ではありますが、ドラージュとかドライエとかタルボとか、1930年代後半のフランス車は妙に退廃的なんですよね。1950年代のオーバーデコレーションのアメ車が、なんだか健康的に思えるくらい。
 
 
Delahaye_135m_37
ドライエ(1937)
 
 
Panhard1
パナール(1937)。ハンドルが真ん中にあるのにご注意。両脇に人が座れるのである。どうすればこういう発想が出るのだろう。
 
 
0208_17zoom1938_talbot_lago_t23_fig
タルボ・ラーゴ(1938)。フレンチ・サルーン最後の華。
 


1027
 
この2年後の1940年、パリはドイツの機甲師団に蹂躙されることになります。
 
 
 

 

|

« 路上にて | トップページ | ヒラリーとオバマ »

「自動車」カテゴリの記事

コメント

はじめまして★こちらから失礼します。私は今プラチナ万年筆の採点ペンのスケルトンタイプではなく、スケルトンバージョンと同じ形で赤軸バージョン(キャップがネジ式でペン全体が赤色をしています)のものを探しています。現在スケルトンしかないのは何年か前に赤軸バージョンが廃盤になったそうなのです。お持ちではないでしょうか?また、お近くにまだ販売してるお店はございませんか?

投稿: サータン | 2008/01/24 21:45

サータンさまこんにちは。お返事が
遅くなってごめんなさい。

えーと、私が持っているのは、以前ブログで
紹介した古いタイプと、キャップが黒で
本体が赤い製品だけなんです。サータンさんが
お探しの製品は、ちょっと見たことがないんですが…。

投稿: へろおか | 2008/01/28 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/17806815

この記事へのトラックバック一覧です: スカートを引きずったような:

» 沖縄情報です [太陽と海の楽園♪沖縄]
青い海、ポカポカの太陽、沖縄の特集です。旅行のお供にぜひご活用ください [続きを読む]

受信: 2008/01/30 20:31

« 路上にて | トップページ | ヒラリーとオバマ »