« ヒラリーとオバマ | トップページ | 原稿書き専用機導入 その1 »

2008/01/26

バブルでGO!

 
ファムケ・ヤンセン。
ファムケ・ヤンセン。

きのうTVで放映していた『X-MAN2』(2003) に登場していた女優さんである。
北欧系の人だろうか。彼女の名前はなぜかずっと忘れることができなくて、私の脳内の残り少ないメモリの不良セクタとなっている。こんなこと覚えててなんの役に立つのだろう、という経験は誰でもあると思いますが、頭の中のほかのファイルとまったくリンクしないところがまた空しい。ファムケ・ヤンセン。
 
人種差別という題材を娯楽アクション映画にとりこんだこの作品、第1作目は結構面白かったのだけれど(以前にも述べたが、オープニングには感心する)、2作目はストーリーも登場人物もほとんど忘れていた。記憶では主人公が戦う敵の女性はルーシー・リューだったのだが、全然違ってました。

Img_20060905t104857810
 
さて、録画しておいた『バブルでGO! タイムマシンはドラム式』(2006) を遅ればせながら鑑賞。意外に面白いではないですか。
妙な色がついてしまった広末涼子をうまく使っていて感心した。阿部寛の役は、当初石田純一にオファーが行っていたという話を聞いたことがあるが、ああいう大オーバーな役はやはり阿部のほうが適役だったと思われます。
この手のストーリーで、タイムパラドックスの矛盾点を突っついても仕方がない。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 の第1作目と同様、ラストはフレドリック・ブラウン風味(注) にまとめていました。ああいうエンディングは、実は日本映画では少ないんだよね。

 
注… タイムトラベル・パラレワールド物は、ハインラインの『夏への扉』 や、ブラウンの『発狂した宇宙』、P.K.ディックの『宇宙の眼(虚空の眼)』 といった大傑作が1950年代に登場してしまっているので、あとの作家は非常に苦労しているのです。この3作品と、早逝した広瀬正の『マイナス・ゼロ』 は、現在でも再読に耐える古典的名作である。SFファンならずとも、御一読を。論理的な遊びが好きな方には、やはりハインラインの『時の門』 もお勧めです。
 

|

« ヒラリーとオバマ | トップページ | 原稿書き専用機導入 その1 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/17852422

この記事へのトラックバック一覧です: バブルでGO!:

» バブルでGO 〜タイムマシンはドラム式〜 [独断と偏見的映画感想]
設定としては面白そうだなぁと思っていました。DVD借りられたので見ました。監督:馬場康夫出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子<ストーリー>2007年(現在)日本経済の破綻で国家の崩壊は目前に迫っている。この崩壊のシナリオにピリオドを打つべく、財務省に勤...... [続きを読む]

受信: 2008/01/29 09:39

« ヒラリーとオバマ | トップページ | 原稿書き専用機導入 その1 »