« Bullet Train | トップページ | Bullet Train その2 »

2007/10/29

そろそろ四十郎

 
1時間目から授業があるというのに、夜更かしして一杯呑みながらNHKを眺めていたら、『黒澤明に挑む 映画監督・森田芳光「椿三十郎」を撮る』 なる番組が始まり、たまらず全部見てしまう。
 
いやいや、面白かった。オーディションで選ばれた若侍たちを見てると、やっぱり織田裕二はスターである(比べるのも申し訳ないが)。このリメイクについて、というか織田君については以前何回か感想を述べたことがありまして、(こちらをご覧ください) 結構気になっていたのである。
黒澤の映画を同じ脚本でリメイクするという、途方もない作業に取り組んだ森田芳光を当初は呆れて見ていたのだが、この人は何というか、実に教導的な人なんですね。若侍役の俳優たちに対してキレず怒鳴らず、実に粘り強く演技をつける姿は、中学校の先生のようでありました。
 
番組では旧作と比較してさまざまなシーンを紹介していたが、佐々木蔵之助演じる役(押入れに入れられる侍。旧作では小林桂樹が、ほとんど社長シリーズのノリで演じている) が紹介されていないのが気になった。おそらく監督にとってここは自信のあるシークエンスなのではないだろうか。
 

 

|

« Bullet Train | トップページ | Bullet Train その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/16906371

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ四十郎:

« Bullet Train | トップページ | Bullet Train その2 »