« そろそろ四十郎 | トップページ | 『日めくりタイムトラベル』 って »

2007/10/30

Bullet Train その2



このところ聞きわけよく走っていたわがシトロエンだが、職場に着いてサイドブレーキを引っ張り上げたら、手ごたえなくレバーが直立してしまう。どうやらワイヤーが切れたようだ。やれやれ。

仕事の帰りに、久しぶりに工場へ向かうことにした。何度も紹介していますが、わたくしの頼んでいる修理工場は埼玉県の行田にありまして、往路も復路もちょっとした旅行気分なのです。えらく道が空いていて、関越道経由で1時間半かからずに到着してしまった。ワイヤーとオイル類の交換を頼み、駅まで送ってもらう。

熊谷駅の構内で、人身事故により高崎線が不通になっているという案内放送が流れてきた。いつ復旧するか分からないという。どうしたものかと付近を見回すと、構内にもうひとつ改札口があるのを発見。あれ、この駅は新幹線が停まるのか。
5分後に東京行きがやってくる。急いできっぷを買い、売店で缶入りの水割りとナッツをもとめ、嬉々としてホームに向かった。新幹線に乗るのは久しぶりである。

自由席の列で待っていたら、悪夢のようなスタイルの電車がゆっくりとプラットホームに入ってきた。流線型といえばまあ流線型なのだけれど、何だか人相の悪いカモノハシの剥製みたいである。客席はすべて2階建て。どうやらこれは通勤用の車輌らしい。巨大な車体の上下に小さな窓が並び、ローマ帝国の奴隷船のようだ。
車内はほぼ満席であった。1階3列席の真ん中しか空いていないので、通路側の席で週刊現代を読んでいる恰幅のいいお父さんに会釈して通してもらい、着席する。窓側には大乃国親方によく似た妙齢のご婦人。

1階席は位置が低く、車窓からは延々と続く防護壁しか見えない。低い天井の下、サントリーリザーブの缶を握りしめ(これじゃ落ち着いて酒なんか飲めん)、真ん中の席にインドの皇太子のように姿勢よく腰かけて、前席の背もたれを凝視すること35分、上野駅でやっと席が空いた。あと5分で東京である。
酒とつまみの入ったビニール袋をさげて中央線に乗るのはあまりにも空しい。大急ぎで移動して、ゴクゴクと水割りを飲み、ぽりぽりと南京豆を食する。ゴクゴクゴク、神田駅通過。ぽりぽりぽり、丸ビルが見えてきたよ。ゴクゴクゴクゴク。


Bullet Train、なんだか全然楽しくなかったです。
 


 

|

« そろそろ四十郎 | トップページ | 『日めくりタイムトラベル』 って »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Z中学校の
YIです。

ブログ見に来ました。

投稿: Y.I. | 2007/11/27 17:01

YIさま

こんにちは。テストは
好調だったかな?

投稿: ヒロオカ | 2007/12/02 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/16916951

この記事へのトラックバック一覧です: Bullet Train その2:

« そろそろ四十郎 | トップページ | 『日めくりタイムトラベル』 って »