« Can You See The Real Me | トップページ | 打倒ビリー »

2007/06/10

お祭り雑感

 
先日お神輿について書きましたが、ふたたび祭りの話です。

1181362883649_1
(北海道新聞 6月9日)


以前から考えているのだが、この行事は、祭礼から神事・祭祀という要素を取り除くとどうなるか、という見本のようなイベントなのであった。

日本を代表するお祭りはほとんど商業化されているけれど、古来の習俗や歴史、伝統というものはやはり侮れないものでありまして、地元への経済波及効果とか、地域活性化とか、教育的意義だとか(この踊り、学校教育でも取り入れたりしている)、祭りを神事以外で成り立たせようすると、途端に生臭くなるんだよね。


北海道のイベントなら、どこかヤケクソで投げやりなこちらのほうが断然好きだ。曲も妙なグルーヴ感があるし。

函館名物いか踊り 
http://www.hakodate.cci.or.jp/gaikaku/ika1.htm 

 


|

« Can You See The Real Me | トップページ | 打倒ビリー »

「日記」カテゴリの記事

コメント

えーちなみにわたくし編曲の「ダンシングそーだないと」
http://www.holopla.com/data/dancings.mp3
で毎年盛り上がる福島「わらじまつり」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%98%E7%A5%AD%E3%82%8A
も、よさこい同様のご批判は免れえぬかも知れません。
しかし函館いか踊りは、わたくしの知人である高橋アキラ氏の作曲・歌唱だったりします。

数年前、明治神宮でスーパーよさこいが派手派手しく開かれている前を、エイズ問題を訴えるゲイのパレードが通っていきましたが、伝わってくるものの重さが全然違ってました。表現は素朴・純粋であるほうが伝わるのはひとつのテーゼですね。

投稿: あかしはやた | 2007/06/11 02:22

あかしはやたさま

どもども。

わらじまつりは、信夫山のお参り(羽黒神社でしたっけ?)
っていう伝統行事がバックボーンにあるわけで、ぜんぜん
違和感ないですよ。福島の歴史とイベントがジョイントした
いい行事だと思います。

北海道のに違和感を感じるのは、
もっぱら主催者の姿勢なんですね。

何年か前、あかしさんの演奏を見ようと思って見損ねたことを
思い出します。
(山形旅行の帰りに福島に寄ろうと思っていたのに、
わらじ祭りの日にちを間違えていた…)

投稿: ヒロオカ | 2007/06/11 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/15375928

この記事へのトラックバック一覧です: お祭り雑感:

» 秋のお祭り [日記]
江戸時代から続くお祭りの準備風景です。 毎年10月15日 早朝6時から村の神社で行われます。 この写真は前日の夜に作る、神社に飾るしめ縄を作っているところです。 しめ縄は男の人だけでつくります。しめ縄の編み方は普通の縄の編み方と反対方向に編んで作って行き..... [続きを読む]

受信: 2007/10/22 20:33

« Can You See The Real Me | トップページ | 打倒ビリー »