« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/27

年表をなぞると その2

 
昭和30年代の風俗を描いたヒット作、『ALWAYS 三丁目の夕日』 で、煙草屋のバアさん(もたいまさこ)が発売されたばかりのコカコーラを飲むシーンがあった。
 
「今度売り出したコカコーラというのさ」 とバアさんは自慢するのだけれど、堤真一演じる鈴木オートの社長はこの商品を知らず、「そんな醤油みたいなもん飲めるか」 と毒づくのである。

あれはどうも感心しなかった。戦後史の年表を見ると、たいていの資料に『昭和33年(1958)、コカコーラ販売開始』 の記述がある。確かに一般向きの販売が始まったのはこの年の4月だが、コカコーラ自体は昭和20年の敗戦直後から、進駐軍とともに日本に上陸しているのである(注)

 
注…  さらに言えば、戦前にも輸入品があり、一部の好事家には知られていたようだ。1910年代の初頭に発表された高村光太郎や芥川龍之介の作品の中にコカコーラが登場している。
コカコーラという飲料は、大戦中にアメリカ軍の転戦とともに世界へ広がったともいえる。米軍は敵地に上陸して橋頭堡を築くと、弾薬とともに大量の食糧を準備したが、そのなかには必ず木箱に入ったコーラのケースがあった。
 
 
昭和24年にデビューした暁テル子という歌手がいる。パンチの足りない笠置シヅ子といった感じの人で、彼女のヒット曲に『東京シューシャインボーイ』 というのがあった。

サーサ皆さん 東京名物
とってもシックな 靴みがき
鳥打帽子に 胸当ズボンの
東京シューシャインボーイ

僕の好きな あのお嬢さん
今日は まだ来ないけど  
きっと 彼女は来てくれる
雨の降る日も 風の日も

という、ヒラヒラと明るくも物悲しい唄である。

私がこの曲を知ったのは、ロバート・アルトマン監督の『M★A★S★H』(1970) だった。朝鮮戦線を舞台にしたコメディで、東京から届くラジオ放送から流れるこのメロディが、シーンをつなぐ効果的な小道具として使われていたのである。
(この映画は秀作だが、スピーカーのアイデアがなければ収拾がつかなくなっていたと思われる)

さて、続いて3番の歌詞の後半部分。

赤い靴のあのお嬢さん
今日もまた銀ブラか
きっとお土産チョコレート
チューインガムにコカコーラ

ガムとチョコレート、そしてコーラは進駐軍の、そしてアメリカ文化の象徴だったのですね。『東京シューシャインボーイ』 は昭和26年(1951)のヒット曲で、暁テル子は2年後の第三回NHK紅白歌合戦にこの曲で出場し、番組は全国放送(ラジオですが) されている。
『ALWAYS 三丁目の夕日』 の舞台は東京の下町ということだが、見たところ神田界隈をイメージしているように思える。出征した経験をもち、米兵の闊歩する東京の繁華街を知り、闇市やPXの流出品も目の当たりにしているだろう東京の人間が、コカコーラを知らないとは思えないのだ。

あの場面では、細かいようだが

「ババァ、コカコーラじゃねえか」
「買えるようになったのさ」

くらいが自然なのではないだろうか。

 
この映画、最初は感心したのだけれど、再見すると昭和のガジェットの使い方のあざとさが少々気になるようになった。見せ方がどうにも教科書的、年表チックなのだ。以前も述べたように、映画的な嘘はいくらあっていいと思うのだけれど。

私は歴史関係の著述が多いので自戒をこめて書くのだが、その時代を知らない者が年表の記載を中心に風俗をふりかえるのは非常に危険なのですね。やはり当時を知る人から話を聞くか、さまざまな手記や資料を丹念に当たるしかないのだ。

 
『三丁目の夕日』、続編を撮影中だそうだ。いろいろな意味で楽しみではある。


 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年表をなぞると その1

 
 
2校で5時間授業をこなし、帰路につく。
 
車を駐車場に停めて近所のスーパーに寄った。昨今の例に漏れず、この店もレジ袋が有料化している。一枚10円で、お金をとるだけあって実に巨大で丈夫なポリ袋だ。別に有料であることは全然構わないのだけれど、少量の買い物ではどうももったいない気がする。できれば小袋も用意して欲しいものです。マイバッグを持って店に行けないことも多いのである。
結局袋は貰わず、右手にジャックダニエルのボトルを握り、左手に花王メリーズ新生児用おむつをさげて帰宅。

 
日本のコカコーラボトラーズが創業50年だそうで、全面広告が新聞紙上を飾っている。戦後の日本人とコカコーラといえば思い出すのが、数年前話題になった日本映画、『Always 三丁目の夕日』(2005)での描写なのである。

眠いので次回に続きます。この映画の感想は以前書いたことがあるので、よろしければまずそちらもご覧ください。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

植樹祭

 
第58回全国植樹祭が北海道で開催された。

 
Dsc_0240
 
 
植樹祭は昭和25年、戦後の国土緑化運動の一環として始まった行事で、ルーツは戦前の愛林日にさかのぼることができる。
各県持ち回り、毎年定例化した行事ではあるが、すでに全国を一巡し、自治体がその運営予算に悲鳴を上げている国民体育大会よりは、はるかに存在意義があるのではないだろうか。
 
  

Dsc_0242
 
と、ボクは思うジョ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

謎の鳥 その2

 
さてさて、怪鳥の正体が判明した経緯ですが。

昨年の夏前だったか、私は勤めている中学校の図書室で、生徒に調べ学習をさせながら書架を眺めていた。そこで面白そうな鳥の本をみつけたのである。
 
 
51jhd39prkl_aa240_
  『わたしのカラス研究』
  柴田 佳秀 
  さ・え・ら書房

 
カラスの生態を研究、ジュニア向けに著した本で、都会に住むカラスの生活や生態、その頭の良さなどを、実に分かりやすく紹介した内容だった。

感心して表紙を見直し、なにげなく著者名を見て驚いた。20代の前半、一緒にアルバイトをしていた仲間ではないか。
バードウォッチングを趣味としていたこの友人・柴田君は、大学卒業後も研究を続け、科学ジャーナリストになっていたのであった。おもに鳥類を中心に執筆・講演活動をおこなっているが、なかでもカラスに関しては専門家らしい。

その後メールのやりとりがあり、先日TBSラジオの『全国こども電話相談室』に回答者として出るよ、という連絡をもらったので(「カラスの先生」である。面白かった)、感想とともに、この鳥は何です? と質問してみた。

すぐに返信をいただいて鳥名が判明したわけだが、彼はオヤジがこの鳥をつかんだということに注目していた。


逃げないというのが、まず野生の鳥ではない。
ということは日本の鳥ではない。
飼い鳥である。
ウズラはマニアはけっこう飼っている。さらに野生化しているものもいる。
これは困ったことですが。


ということでした。なるほどねえ。

ネットで調べてみると、カンムリウズラは主に北米大陸に分布している鳥だという。おとなしく、つがいで飼いやすいので、ペットショップで人気があるらしい。

しかし柴田先生すごいです。限られた情報から推理していくプロセスに感心してしまいました。専門家というのははたいしたものです。

 
アルバイトの帰りに、彼の愛車・アウトドアグッズ満載の軽自動車に乗って、狭山緑地のオオタカ営巣地を見に行ったことを思い出す。深夜の山中で、どこからともなく現れた警察官にいきなり職務質問されたのが、実に印象に残っているのである。あれは19年前の秋だったかな。

 
 
柴田氏の新刊です。こちらも面白そうですね。


31dq59pvwcl_aa240__1
 
 
 
 
 
『カラスの常識』
寺子屋新書023
子どもの未来社刊

880円
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謎の鳥 ついに判明 

 
先日紹介した、南九州は延岡の駅で遭遇した怪しの鳥ですが、ついに正体が判明。20年来かかえていた疑問が氷解いたしました。

 
丹精こめて広告の裏紙に描いたイラストを公開したところ、知人友人から

「クジャクのメス」

「オウギハト」

「ヤマセミ」

「妖精」

 
と、さまざまな意見を頂戴したのですが、どうもこの鳥のようです。
 
 
 
Kanmuriuzara


Kanmuri_1
カンムリウズラ
(Callipepla californica)
キジ目ナンベイウズラ科










もう一度、わたくしのイラストと比較してみてください。
 
 
Tori1_2_1
 

どうです? いい線いってませんかね。駄目ですか。

 
 
さて、この鳥の正体ですが、どうして分かったかというと、実は専門家にうかがったのです。


次回に続きます。 

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/19

ふとってまいりました

 
Dsc_0398


いやー、どんどん重くなっています。

そろそろ家に帰ってくるので、妻の実家で撮った入浴のビデオを見て研究しなければ。

 
 


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/06/18

ETCデビュー

 
 
取材で大洗の海を撮影してきた。

朝一番の写真を撮るので始発列車では間に合わず、BX出動。外環から常磐自動車道を経由して、目的地へ向かった。車を修理に出すときに関越道に乗るぐらいで、ふだんはほとんど高速を使わないので、久しぶりに旅行気分である。
(たいした距離ではありませんが)

先日車に取り付けたETCをはじめて使ってみた。前々から気にはなっていたのだが、年度末のキャンペーンでついに装備を決めたのである。パナソニックの一体型車載器が特価5800円、登録手続きとアンケートに答えると16000円分無料通行できますという謳い文句に負け、ついに道路公団の(そういえば民営化したんだっけ)軍門に下ったのであった。
 
代金5800円には、取り付け料金も含まれているという太っ腹さなのだが、例によって外国車は別料金らしい。口惜しいのでネットでいろいろ調べて、シガーソケットから電源をとる方法でコードを自作した。かかったお金はカーショップで購入したシガーソケット代の500円のみ。安くあがりました(注)


注 …  車載器のコードを切って被覆をむき、シガーソケットをばらしてハンダ付けするだけである。実に簡単。ふだんはグローブボックスにしまっておいて、高速に乗るときだけ出せばいいので、ダッシュボード周りがすっきりしてよろしい。ただし、この方法はグレーゾーンらしいです。考えてみれば、別の車でも使えてしまうもんね。
 
 
外環道・大泉インター近くの信号待ちでETCを取り出し、ソケットへつなぐ。滑り止めをひいたダッシュボードに車載器を置き、カードを入れる。

『ETCカードが挿入されました』 

という女性のでかい声が車内に響きわたる。ちゃんと通電しているようだ。

でもですね、料金所が近づくと、やっぱり不安になってしまうんですね。リピートボタンを何度も押して、カードが認識されていることを確認する。

『ETCカードが挿入されています』
 
『ETCカードが挿入されています』
 
『ETCカードが挿入されています』

あー、うるさい。意を決し、時速30キロほどで料金所に進入した。

 
さっとひらくゲート。おお。


こりゃ気持ちいいわ。
正直言って、当初は利便性より深夜割引のベラボーさだけに惹かれていたのである。ハイウェイカードが廃止され、ETCのみに適用される割引を知ると、もう馬鹿馬鹿しくって現金で高速料金を払う気がしなくなっていたのだ。しかしこの快感や便利さはあまり考えていなかった。満足である。
 
でもあれ、調子に乗って速いスピードで通過しようとすると、左右の料金所から出てきた車とぶつかる恐れがありますね。


Dsc_0018
写真はクリックすると拡大します。
けっこう波が高かった。

 
 
大泉IC~常磐道那珂IC

往路 1650円(早朝夜間割引)
復路 3250円(割引なし)

でした。 
 
 
 
Dsc_0020_4


 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/11

打倒ビリー

 
徹夜で原稿を終わらせる。

水割りを一杯飲んで5時間ほど爆睡し、バネ仕掛けの人形のように飛び起きて掃除と洗濯をする。
(こういうことをすると腰を痛めるのだが)

このところ体重が増えてしまい困っている。

30を過ぎてから、自分自身で納得している標準体重を数キロ上回ることが多くなった。以前はそのつど、我流のエクササイズやウォーキングで元に戻していたのだが(妻いわく、「ギリギリのところで引き返してくる」 というやつで)、腰痛が怖くなってからはあんまり体を動かさなくなってしまったのである。かえって良くないんだけどね。

新聞を広げれば毎日メタボリック、メタボリックとうるさいし、TVをつければ血相を変えたビリーさんが新兵を引き連れて踊り狂っている。

 
実はですね。ふと入隊を考えてしまったのです。妻も実家に帰ってるし。


あれは実際、体は締まるし体重も落ちるでしょうよ。そもそもあのメニューどおり実行できる人が日常太るのだろうか、という素朴な疑問もあるが、まあそれはそれとして、とりあえずネットで価格を調べてみました。

 
 
14700円。

 
 
 
うーむ。

うーむ。


却下。


意外と高価いんですねえ、ビリーさん。ブルワーカー(古)だって1万円ぐらいだったと思うのだが。

 
米海兵隊が屈強なのは論を待たないが、わたくしは日本人である。別にマリンコープに入隊せずとも、日本人には日本人の方法があるのではないか。

というわけで、1週間ほど前から、米びつは空、冷蔵庫を開けても調味料だけ、主食は草(野菜ね)という『旧日本軍南方エクササイズ』 に取り組んでおるのです。

3キロ体重が落ちましたね。私、モノ食べなくても意外と平気なんです。もちろん全然食べないわけではないんですが(朝食はとらないと授業がきつい)、夜9時以降はモノを食べないという、ヒロミ・ゴー先生のメソッドも取り入れております。

食事制限で1週間過ごし、それから体を動かすというのが恒例なので、今週後半からは泳ぎに行こうかと考えています。6月一杯は続けようと思っているのだが、どうなることやら。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

お祭り雑感

 
先日お神輿について書きましたが、ふたたび祭りの話です。

1181362883649_1
(北海道新聞 6月9日)


以前から考えているのだが、この行事は、祭礼から神事・祭祀という要素を取り除くとどうなるか、という見本のようなイベントなのであった。

日本を代表するお祭りはほとんど商業化されているけれど、古来の習俗や歴史、伝統というものはやはり侮れないものでありまして、地元への経済波及効果とか、地域活性化とか、教育的意義だとか(この踊り、学校教育でも取り入れたりしている)、祭りを神事以外で成り立たせようすると、途端に生臭くなるんだよね。


北海道のイベントなら、どこかヤケクソで投げやりなこちらのほうが断然好きだ。曲も妙なグルーヴ感があるし。

函館名物いか踊り 
http://www.hakodate.cci.or.jp/gaikaku/ika1.htm 

 


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/06/06

Can You See The Real Me


この2週間ほど大変慌しい日々が続いたため、取材と原稿書きの予定が大幅に狂ってしまった。週明けからあちこち飛び回っている。

中央線沿線の写真撮影を終え、妹夫婦の住む西新宿に向かう。青梅街道をバスで東へ進んでいたら、車窓から久しぶりにモッズを見た。デコレーションしたマシンで得意げに街を流している。いやあ、懐かしいなあ。

ご覧になりたいですか? 21世紀のジャパニーズ・モッズを。


 
それでは。

 
 
 
 


Dsc_0381



フロントにライトやミラーはつけていない。リアキャリア自慢だな。こりゃ。
車体は丸っちくないから、べスパではなくランブレッタらしい。

黄色いシャツはやはりフレッド・ペリーだろうか。



Dsc_0382
 
ほんとうの僕がわかりますか、母さん?


 
 
帰宅後、レンタルDVDでスピルバーグの『ターミナル』(2004) を観る。
ハートウォーミングなストーリーであり、まあそこそこ楽しめたものの、どうも脚本が雑な点が気になった。スピルバーグの作品って、どれもキャラクターや話の展開にザラリとした不快感を感じる部分があるんだよね。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »