« 古いラジカセの話 | トップページ | 格安高速バスふたたび »

2007/04/26

ダーク・ピットシリーズ

 
久しぶりに自転車通勤である。午前中4時間授業をこなし、昼食抜きで次の学校へ移動して、さらに2時間喋り倒す。6時間連続はさすがにくたびれます。独身の頃は、その後さらに定時制や学習塾に直行していたんだけどね。
 
帰路、ぼんやり裏道を走っていたら、前から小学生男子のあやつる自転車がこちらに突っ込んできた。急ブレーキで難を逃れたが、危うく正面衝突するところで冷や汗をかいた。
この坊主、片手に何か持っていて、そちらにすっかり気が取られていた様子である。どうせ携帯電話だろうとその手元を見ると、なぜか銀紙に包んだ石焼芋。脱力し怒る気も失せる。

 
 
クライブ・カッスラー『極東細菌テロを爆砕せよ』(新潮文庫)上下巻を読了。凋落著しいダーク・ピットシリーズの最新作である。新刊で購入した妹が途中で投げ出して母に譲り、母がやはり途中で挫折して私にくれたという作品。
 
このシリーズは30年以上続いている冒険小説で、アメリカの海洋機関に所属する主人公、ダーク・ピットが、さまざまな陰謀や犯罪に立ち向かいながら、同時に歴史上の謎や事件を解決してゆくという趣向のストーリーである。長期シリーズの常で、主人公は老いストーリーはマンネリ化して、往年の生きのよさは見る影もない。原書まで買って再読した傑作、『タイタニックを引揚げろ』 から何作かは実に面白かったのだが。
 
数年前にマシュ-・マコノヒーとペネロペ・クルス主演で一本映画化されていて(注)、こちらも先日DVDで鑑賞した。B級活劇としてはまあまあの出来だったが、元来このシリーズ自体あまりにも映画的なストーリーゆえ、映像化しても新鮮味がないのが致命的であった。派手なアクションシーンもおおかた予想がついてしまうのである。

それにしても、数年前に読んだ『マンハッタンを死守せよ』 のラストシーンには衝撃を受けた。番場の忠太郎かと思ったよ。
 
 
4


 

注…  『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005)。ちなみに1980年、出世作の『タイタニックを引き揚げろ』 が映画化されたが、そのあまりの不出来に原作者が激怒し、以後作品映画化のオファーを断り続けていたらしい。
 
 
 
 

|

« 古いラジカセの話 | トップページ | 格安高速バスふたたび »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/14857476

この記事へのトラックバック一覧です: ダーク・ピットシリーズ:

« 古いラジカセの話 | トップページ | 格安高速バスふたたび »