« 和製ハロウィン | トップページ | 不器用な2人 »

2006/10/31

ひさしぶりのドナドナ

このところ調子の良かったわがシトロエンだが、通勤途中にいきなりオーバーヒートを起こした。勤務校の前で警告灯が次々と点灯、あわてて駐車場に入れて点検すると、おお、冷却液がすっかり沸いている。
 
いやだいやだ。長年ラジエーターのない車(2CV)に乗っていたので、冷却系統のトラブルは慣れていないんだよね。
電動ファンが回っていないようなので、どうやらサーモの故障らしい。エアコンを入れればファンは回る。さて修理工場までどうやって運ぼうかと電話で相談すると、水温が下がってからエアコンを入ればまあ走れるんじゃないの、という話。
授業が終わり、水を補給してから、おっかなびっくり車を動かしてみた。しかし数キロ走ったところでまた警告灯がついてしまう。

路肩でエンコするのはいやだなあ、とあたりを見回すと、進行方向左手に閉鎖された門があり、門前に広いスペースがあったので端に車を停めさせてもらった。ボンネットを開けてラジエーターのキャップをゆるめると、大量の湯気と一緒に冷却液があふれ出る。地面に広がってゆく緑色の染み。やれやれ。

ペットボトルの水を抱えてどうしたものかと考えていたら、門が音もなく開き、中年の男が近づいてきた。

「どうしましたかあ」

私は謝り、事情を説明すると、男は続けた。

「そこにカメラがあるでしょ。急に停まったから、兵隊さんが見て来いっていうんで

あわてていたので忘れていた。新座市と清瀬市にまたがる、緑につつまれた公園のようなこの広大な敷地は、米軍基地なのだった。

「兵隊さん、嫌がるんだよねえ。ここに停められるの。水がいるならもってきてあげるから。この先に停められるところあるから」

いやもう、本当に嫌なんだな。

すぐに動かしますと答えて冷却水を補給する。ふとみると、制帽に作業衣、ティアドロップのサングラスという、厚木基地に到着したマッカーサー元帥のような白人が、腰に手をあてて門の奥からこちらを凝視している。
米ソ冷戦の折、戦争勃発の際には核爆弾を積んだ爆撃機だか原潜だかに指令を出す任務だったというこの通信所だが(核シェルターがあるという噂だった)、どうやら21世紀の現在も重要な施設らしい。

結局その数キロ先まで車を動かし、ローダーを呼んで工場まで運ぶことにした。荷台に載せられた愛車を見送るのはいつも物悲しいけれど、なんだかもう、車載車に載せるのを手伝うのもすっかり慣れてしまったなあ。

電車とバスで帰宅し、久々に竹熊健太郎さんのブログをのぞいたら、ちょうど米軍基地で尋問された経験をレポートしていて笑った。

|

« 和製ハロウィン | トップページ | 不器用な2人 »

「自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/12506361

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりのドナドナ:

« 和製ハロウィン | トップページ | 不器用な2人 »