« へんな怪獣 | トップページ | 追悼 吉村昭 »

2006/08/01

サイクリング日和

取材で深川へゆく。

久しぶりに神田神保町にあるレンタサイクルで自転車を借りた。都心部の取材では、実は自転車が一番便利なのである。3年ほど前にこの店をはじめて利用したとき、神保町から北の丸公園まで3分足らずでついてしまうことが驚きだった。

今回は隅田川を渡ります。

靖国通りを小川町、岩本町と抜け、両国橋を渡って墨田区へ。回向院の手前から南下して江東区に入り、森下、常盤と進むと、小名木川にかかる萬年橋が見えてくる。あとは運河沿いに行ったり来たり、清澄庭園をのぞいたり、横十間川の橋をめぐったり、富岡八幡から越中島に足を伸ばしたりと、充実した1日であった。帰路は美しい清洲橋を経て、日本橋、常盤橋、鎧橋から外堀通り経由で神保町へ。
なんだか橋ばかり見ているようだが、昔の東京は、実は水の都だったのですよ。江東区はその面影を残しているのだ。
 
街を縦横にはしる運河には、水位を調節するための水門があって、見ていてあきない。

Dsc_0036
 
カヤック乗りの人がやってきました。水門の前ではホイッスルを吹きます。

Dsc_0044
 
カヌーも一人前の船舶として扱われます。上昇した水門からはシャワーのように水がしたたっているので、いそいで通過しないとずぶぬれになってしまいます。


 
今日は涼しくて助かった。帰宅後、キルビメーターを地図にあてて測ってみたら、どうやら6時間で35kmほど自転車をこいだらしい。これは東京駅から国立ぐらいの距離である。思ったほど疲れなかったが、あしたは体が痛いかも。
 
 

|

« へんな怪獣 | トップページ | 追悼 吉村昭 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/11194139

この記事へのトラックバック一覧です: サイクリング日和:

« へんな怪獣 | トップページ | 追悼 吉村昭 »