« 稀代の名著 その3 | トップページ | いや暑いです »

2006/08/06

8月6日の月

ここ数日、夜空に輝くお月様を見上げております。きのうの夜は真っ赤でしたね。

でかい望遠レンズは仕事で使う機会がないのでもっていないのだが、実家に野鳥を見るフィールドスコープがあるのを思い出した。そうだ、あれ一眼レフにつなげるんだっけ。

Dsc05647_1
 
何だかバズーカ砲みたいになっちゃった。
デジカメにつなぐと1200ミリの超望遠になります。

さっそく月を撮ってみました。

Dsc_0065

写真はクリックすると拡大します。
中心から少し左上、放射状に広がっているのは、コペルニクスとよばれるクレーターで、約10億年前に隕石が衝突した跡だそうな。左下にあるのがティコクレーターで、このあたりに黒い直方体の板が埋まっているはずです(嘘)。
 
やっぱりちゃんとしたレンズのようには綺麗にとれませんね。ぶれちゃったし。何かコツがあるのかなあ。

|

« 稀代の名著 その3 | トップページ | いや暑いです »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/11308867

この記事へのトラックバック一覧です: 8月6日の月:

« 稀代の名著 その3 | トップページ | いや暑いです »