« 闘志をみせるということ | トップページ | へんな怪獣 »

2006/07/20

靖国問題

昭和天皇、A級戦犯合祀に不快感

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060720-63381.html

NHK-BSで放送した「わが心のキャンディーズ」 を見ながら滂沱の涙を流していたら、昭和天皇のA級戦犯合祀に関する所感のニュースの第一報を見逃してしまった。
昭和天皇に限らず、ナチに目がくらんでお国の方針を誤らせながら、戦後も何ら反省することのなかった松岡に同情する人間はあまりいないと思う。

正直言って、このニュースに快哉を叫んでいる戦没者遺族も多いのではないか。自分たちを死地に追いやった東條らと一緒に祀られることを、戦没者が歓迎しているとはどうしても思えないのである。

このニュースに接するネット愛国者の方々の態度は見ものであった。「メモの紙が茶色く退色していないのはおかしい。捏造だ」 なんて言っているんだもの。歴史捏造、妄言と始終声をあげている、どこかの国の人々と言っていることが変わらないのだ。松岡白鳥のやったことから検証していくのが常道だろうに。88年に使っていた私の大学のノート、まだ真っ白だよ。 

でもね、ふだん与党が天皇を政治的に利用することを批判している護憲勢力の人たちが、ここぞとばかりにこのニュースに食らいつき、鬼の首を取ったように大騒ぎしているのもかっこ悪い話ではあります。

|

« 闘志をみせるということ | トップページ | へんな怪獣 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/11035315

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国問題 :

« 闘志をみせるということ | トップページ | へんな怪獣 »