« 迷惑メールのタイトル | トップページ | 紀子様御懐妊 »

2006/02/06

オリンピック近し

昼前から青空が出てきたので、駒沢のオリンピック公園で取材と写真撮影。わが家から駒沢までは、車では大した距離ではないのだけれど、電車だと乗り換えが多くて実に面倒だ。帰路はそのまま神保町の出版社へ行き打ち合わせ。

さて、あと数日でオリンピックの開幕だが、今回はどんな開会式になるのだろう。 

浅利慶太が演出した長野オリンピックの開会式にはがっかりした覚えがある。曙の土俵入りを見せたり、諏訪の御柱を持ちこんだり、いろいろ日本テイストを打ち出そうとしているのだが、どうにも統一感がなかった。散発的に続くパフォーマンスに、TVのカメラも何を撮っていいのか分からず戸惑っているように見えた(注)。入場客は飽きてしまったのか、後半には何をやっても反応がなくなっていたのである。まあそもそも日本人はこういうイベントに向いていないと思うが、あんなに拍手をしない観客というのははじめて見たよ。
オリンピックの開会式が、ダラダラと長いパフォーマンスを見せる場になってしまったのは、ロス五輪からだろうか。選手団の入場がメインのはずなのに、選手が紹介されるまで2時間近くかかったりする。あれはもう何とかならないもんですかね。


注… 今思えば、TVのクルーも技術が低かった気がする。何をどのように撮影するかということが、事前にしっかり定まっていないような印象を受けた。たとえば、航空自衛隊の曲技飛行チームが編隊飛行をしながら、機体からスモークをひいて会場上空を通過するという趣向があったのだが、何と通過する飛行機を会場外のカメラが真横から追って撮影していた。時間にして5秒ほどだったが、これでは背後の山々に隠れて機体もはっきりしないし、色のついたスモークが全然見えない。
東京オリンピックのときにもブルーインパルスが青空に五輪を描いたけれど、こういうのは会場で見上げて撮るのがお約束でしょうが。あれには呆れた。
 
s-0207seika
天照大神も降臨しました。

|

« 迷惑メールのタイトル | トップページ | 紀子様御懐妊 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/8551979

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック近し:

« 迷惑メールのタイトル | トップページ | 紀子様御懐妊 »