« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/25

エキシビションも終って

先週末、中学校の授業中に、「荒川は4位で、もしかしたら銅メダル。村主は6位、安藤は11位」 と予想したんです。とくに根拠があったわけではないんですが、生徒の中には真剣な顔でノートにメモってる子もいて(おいおい)、余計なことを言ったかなと後悔しました。荒川選手、金メダルおめでとうございます。村主さんも立派でした。安藤さんは気持ちを切り替えて、アスリートを目指してください。しかし金芽米のトーヨーライスは社長役員以下、踊り狂って喜んでいるんだろうな。

選手の肩の力が抜けたエキシビションは、いつ見ても楽しい。祭りの終りを感じさせる一抹の淋しさもいいのだ。

荒川さんも素敵でしたが、何といってもプルシェンコはすごい。この人は以前こんなパフォーマンスもやってます(有名ですが)。芸達者な人です。

http://www.youtube.com/watch?v=N8vXfS6YLHw&search=SEX%20BOMB
 
 
ここのサイトは面白くて、カルガリーの伊藤みどりの映像がありました。最近の彼女しか知らない人、これは必見ですよ。彼女が現役時代にどういう存在だったのかわかります。彼女の高い高いジャンプを知っている人は、近年の女子スケーターにどうしても物足りなさを感じてしまうのです。

http://www.youtube.com/watch?v=B2TW9egpud0&search=ito%20midori

本当に、こまねずみのように飛びまくっております。なかでもフィナーレのジャンプとスピンは圧巻で、アナウンサーや解説者がもはや言葉を失い、笑ってしまっているのがおかしい。総立ちの観客と歓声、芸術点の低さに対するブーイングにもしびれる。
 
カルガリーオリンピックは1988年の2月。このころ、私ははじめての海外旅行で韓国に行っていた。友人とふたりでソウルに1ヶ月ほど滞在していたが、どこへ行くでもなく、毎日安宿の白黒テレビで競技を観戦していたのである。秋のソウルオリンピックにむけて、街中で突貫工事が続いていたのを思い出す。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/22

だれも知らない小さな国

学年末テストがひとつ完成。ウィスキーを呑みながら、佐藤さとるの『だれも知らない小さな国』(講談社青い鳥文庫) を再読。有名なコロボックル物語の1冊目である。児童文学の名作。

s-a


これは妻の本で、私は子供の頃は読んだことがなかった。はじめて手にとったのが去年の秋なのである。続編を次々と読み、舞台と思われる横須賀近くの里山までドライブにいってしまった。

作品ごとに登場人物が活躍する世界がひろがってゆくのが楽しいが、主人公の愛の物語でもある1作目がやはりすばらしい。おちび先生が幼稚園のピアノの前で、目に見えない「こぼしさま」 にメッセージを託す場面は、何度読んでも感動する。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

馬事公苑

妻と一緒に世田谷の馬事公苑にゆく。雑誌の取材である。

馬場で低い障害を越える練習をしている馬がいた。まだ慣れていないらしく、飛び越えるたびに前足を引っ掛けてしまう。飛び越えるのが嫌で嫌で仕方がないのが見ていて分かる。障害の前にくると目をつぶり、越えると早足になるのだ。

DSC_0085
 
何年か前、カナダでトレッキングをして2時間ほど馬に乗ったことがある。気弱な指示はまったく聞かないことに感心もしたし、腹も立てた。馬って頭がいいんですね。
 
DSC_0096

(2枚とも、クリックすると妙に大きく拡大します)
 
 
帰り道に、となり町の小さなレンタルビデオ屋をのぞいたら、山本薩夫監督の『皇帝のいない八月』(1978) を発見。あわてて会員になってレンタルする。渡瀬恒彦主演のあっと驚く自衛隊クーデタームービーである。この手の邦画は、ハリーポッターのビデオやDVDが2・30本並んでいるようなレンタルビデオ屋では、もはや見ることができない。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/16

シュペー号の大鷲

第二次世界大戦中、アドミラル・グラーフ・シュペーというドイツ海軍の軍艦があった。おもに通商破壊(敵輸送船団の攻撃)を任務とする小型の戦艦で、大西洋とインド洋を活動の舞台としていた。
1939年12月のこと、シュペー号は英艦隊と交戦ののち、追跡を逃れて南米パラグアイのモンテビデオ港に入港した。ところが当時のパラグアイは中立国であり、交戦国の船舶は72時間しか停泊できないという規定があったらしい。脱出のチャンスをうかがうシュペー号に対して、イギリス側は一計を案じる。強大な艦隊がモンテビデオに急行中という偽の情報をラジオで流したのである。シュペー号の艦長・ラングスドルフ大佐は再度の戦いを諦め、湾外で艦を自沈させた上で拳銃で自殺した。

このエピソードは1959年に『戦艦シュペー号の最期』というイギリス映画になっている。派手なアクションシーンはないものの、英独の駆引きをドキュメンタリータッチで描いた佳作であった。大戦終結からまだ10余年という時期であり、戦争を生き残った実際の艦船が多数登場していたことも興味深かった。


001
スターン(艦尾)方向から見たアドミラル・グラーフ・シュペー。
ナチの紋章を抱く鷲の装飾がわかる。




さて、東京新聞の日曜朝刊に掲載されていた記事です。月曜に職場で読んだのだが、朝から興奮してしまった。


ナチス象徴のワシ 海底から引き揚げ
南米ウルグアイの首都モンテビデオ沖で十日、第二次大戦初期の一九三九年十二月に沈没したドイツの戦艦の船体から、ナチスのシンボルだった大型のワシのブロンズ像が、引き揚げられた。(中略)

ワシの像は重さ三百キロ以上、翼を広げた横幅は約二・八メートル。船尾に据え付けられていた。
(リオデジャネイロ・共同)


 
引き揚げられたスターン飾り。
(クリックすると拡大します)
002

プレス写真用の配慮か、基部の鉤十字は覆われている(注)
 
ドイツワールドカップもあることだし、ナチス信者を
無用に刺激しても仕方がないもんね。

003
立派ではあるが、やはりどこか禍々しい。
 
 
往年のクライブ・カッスラーの作品で登場しそうなお話でした。



注… いつからだろうか、日本製のプラモデルの箱絵からナチのマークが抹消されるようになった。タイガー戦車にもメッサーシュミット機にも、鉤十字のデザインが描かれていないのである。精密な日本製プラモデルは海外でも人気があるが、これはやはりヨーロッパへの輸出対策なのだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/13

ピンボールの魔術師

 
 
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060213/060212220842.6qgdy9hi.html

チェイニーもチェイニーだが、ホイッティントンさんももう殺生はやめましょうや。そろそろお迎えも近いんだし。
 
 
以前HPの日記に書いた話。

何回目かの韓国旅行で、初めて銃を手にした。一回経験したら、もう一生触れることはないと思ったのだ。ソウルオリンピックで使用された射撃場で、競技用の22口径を撃ち、コルトの自動拳銃を撃ち、マシンガンを撃った。
マシンガンの弾は30発。あっという間に撃ち尽くし、標的にはパンチ穴のような弾痕が3ヶ所だけ残っていた。

「お兄ちゃん、ピストルは上手かったけど機関銃はダメだねえ」

後ろで見物していたパンチパーマの男が声をかけてきた。薄いサングラスをかけた日本人だった。連れが2人いて、3人とも40代前半くらいの年恰好である。誰がどう見ても、ある種の商売の方々であった。予想に反し、彼は分かりやすく説明した。

「右から薬莢が飛び出るだろ? その反動で銃が左向いちゃうのよ。しっかり握ってなきゃダメだ。弾がみんな左の壁のほうに飛んでってたよ」

男は私に続いて射台に立ち、腰を落としてマシンガンを構えた。30発の弾丸は数回に分けて発射され、そのほとんどは標的の中心部に命中していた。連れの2人は腕を組み、無表情に眺めている。
銃を置いた男は、耳栓を外しながら私に振り向き、にやりと笑って言った。

「練習しなけりゃ、ちゃんと使えるようにならない」

振り返るとパンチパーマの男がさらに数人、先客に会釈しながら場内に入ってくるところだった。

私は射撃場を後にした。以来、銃器に触れたことはない。

 
おそらくこれからも触れることはないと思う。 
 

ビデオに録画しておいた映画を2本、早足で鑑賞した。ケン・ラッセルの『トミー』(1975)と、紀里谷和明の『CASSHERN 』(2004)である。
どうして今時分トミーを放送するのかと思ったら、舞台にかかるんですね。芝居は未見なので偉そうなことは言えないが、映画の『トミー』 を再見するのは、もうかなり辛いです。フーは好きだし、ケン・ラッセルの作風も嫌いではないのだけれどね。『さらば青春の光』 は、小恥ずかしいながらもまだいけるんですが。
この映画の白眉はロジャー・ダルトリーでもクラプトンでもなく、何といってもPinball Wizard のエルトン・ジョンあります。タキシードを着て、「ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ」 なんて歌っている姿の1万倍は格好いい。

評判の悪い『CASSHERN 』 ですが、唐沢寿明演ずる悪役とはじめて対峙するあたりまでは楽しめた。原作のアニメーションは見たことがないので、それほどキャラクターや世界観への思い入れはないのだ。
でもまあ、映画を作るってのは難しいものですね。ストーリー上のお約束がどれだけ大切なのか、勧善懲悪の馬鹿馬鹿しいハリウッド映画がどうして安心して観られるのかなど、いろいろ考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

オリンピック開幕

NHKの再放送を見た。

どの大会でも仮装大賞のようになりつつあるオリンピックの開会式だが、今回は全体的にユルい演出で、なかなか好感がもてた。ナツメロ洋楽大会もよかったし、ピーター・ガブリエルも懐かしい。しかしオリンピックでSweet Dreamsを聞くとは思わなかった。
フィアットの街だから、何らかの形で自動車が登場するとは思ったけれど、ああいうパフォーマンスだとはね。馬鹿っぽくて実によろしい。あれでは元旦の富士急ハイランド駐車場である。

仕事がらみの資料として、市川昆の『東京オリンピック』 を再見している。オリンピック担当大臣だった河野一郎が、「日の丸が上がってるところが少ないし、自衛隊の活躍も、せっかく造った首都高も新幹線も出てこないじゃん」 と怒った例の記録映画である。
退屈な作品だが、冒頭のシークエンスには息を呑む。鉄球で戦前のクラシックなビルディングを叩き壊すところからはじまるのね。もう容赦のない映像で、あれには参った。都市近代化への賛歌なのか、古いものを顧みないことへの批判なのか、よく分からないところが素晴らしいのだ。

あしたは早朝から取材である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

紀子様御懐妊

紀子さんとはとくに関係のない話ですが。

懐妊という言葉は、本来は他者に対して、それも身分の高い婦人に対して使うものだと認識していたのですが、ネットで検索して見ると、どうやら最近は自分の妊娠にも使うようになっているんですね。
その昔、ある女性タレントが自伝をまとめ、そのなかで自分の妊娠を懐妊と書きました。当時はそれに対して否定的な意見がほとんどだったような。(と控えめに書きましたが、正直いって彼女、物笑いの種になってしまいました)

確かに言葉は時代に応じて変化してゆくものですが、この言葉の最近の使い方は、私にはまだ違和感があります。

そういえば、去年も記者会見で「このたび無事懐妊しまして」 といったスポーツ選手がいました。まあこの人は、自身の勝利を、「史上初の60連覇という偉業を達成し」 なんて平気で言っちゃう人でしたけどね。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

オリンピック近し

昼前から青空が出てきたので、駒沢のオリンピック公園で取材と写真撮影。わが家から駒沢までは、車では大した距離ではないのだけれど、電車だと乗り換えが多くて実に面倒だ。帰路はそのまま神保町の出版社へ行き打ち合わせ。

さて、あと数日でオリンピックの開幕だが、今回はどんな開会式になるのだろう。 

浅利慶太が演出した長野オリンピックの開会式にはがっかりした覚えがある。曙の土俵入りを見せたり、諏訪の御柱を持ちこんだり、いろいろ日本テイストを打ち出そうとしているのだが、どうにも統一感がなかった。散発的に続くパフォーマンスに、TVのカメラも何を撮っていいのか分からず戸惑っているように見えた(注)。入場客は飽きてしまったのか、後半には何をやっても反応がなくなっていたのである。まあそもそも日本人はこういうイベントに向いていないと思うが、あんなに拍手をしない観客というのははじめて見たよ。
オリンピックの開会式が、ダラダラと長いパフォーマンスを見せる場になってしまったのは、ロス五輪からだろうか。選手団の入場がメインのはずなのに、選手が紹介されるまで2時間近くかかったりする。あれはもう何とかならないもんですかね。


注… 今思えば、TVのクルーも技術が低かった気がする。何をどのように撮影するかということが、事前にしっかり定まっていないような印象を受けた。たとえば、航空自衛隊の曲技飛行チームが編隊飛行をしながら、機体からスモークをひいて会場上空を通過するという趣向があったのだが、何と通過する飛行機を会場外のカメラが真横から追って撮影していた。時間にして5秒ほどだったが、これでは背後の山々に隠れて機体もはっきりしないし、色のついたスモークが全然見えない。
東京オリンピックのときにもブルーインパルスが青空に五輪を描いたけれど、こういうのは会場で見上げて撮るのがお約束でしょうが。あれには呆れた。
 
s-0207seika
天照大神も降臨しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メールのタイトル

皆様おなじみの迷惑メールですが、しかしまあ、連中もいろいろ工夫していますねえ。
ここ2・3日の到着分から。

「メールありがとうございます」
評:最近こういうのが増えて困りますな。いちいち開くのが面倒くさいのだ。

「初めまして朋子(ID:120934)です」
評:見ちゃった。35歳人妻だそうです。T166B89W57H87。スタイルは抜群!タイトのミニスカート姿は絶品!若い子も顔負けのボディーと美貌! なんだって。
ワンルームマンションの一室で、こういう文面を頭をひねって考えている男の顔をみてみたい。

「今から駅前のコンビニで逢えるかな? 飾韲」
評:べつに構いませんが、しかしむずかしい名前ですね。

「にゃふん♪ありがと。」
評:イーエ、どういたしまして。

「肉欲を持て余した上流階級のセレブ達…」
評:「上流階級」と「セレブ」は、かぶっているような。

「美女の惑星・痴女の不満 」個室鑑賞(入場無料)
評:馬鹿だねえ。でもこういうのが一番好き。

「即日振り込み決定」
よろしくお願いします。早く。

「舊㌣活oБ」
いくらなんでも読めません。

「経験したこと有りますか?」
お節介ではありますが、こういう文では「ありますか?」と、開いたほうがいい。ふだん字を書かない人は、漢字に変換しすぎるきらいがあります。

「うううう。」
すぐに削除しようと思ったら、妹からのメールだった。

「★サービス絶賛断続中!★」
日本語をもうすこし勉強したほうがいいと思います。


迷惑メールってのは確かにイライラしますが、下品でないものはそれほど腹も立たないんです。しかし、こうやって見てゆくと、往年のピンク映画のタイトルというのはなかなかいいセンスだったんだな、と思いますね。


ところで、わが家で活躍しているメールソフトは、未だにニフティマネージャーなのだ。9年間バージョンアップしながら使いつづけているのだが、ニフティサーブのサービスも終了し、ついにニフティからもう勘弁してくれというメールが来た。このソフトはウィルスに強いうえ、ダウンロードする前に内容を確認できるので気に入っていたのである。
どうやら3月いっぱいで使えなくなるらしい。何かおすすめのメーラーはないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/04

呑み屋横丁のはなし

場所は少々説明しづらいのだが、サンシャイン60の南側あたりに、80年代初頭の再開発に取り残された地域があって、昔ながらの商店街の奥にさまざまな飲食店が並んでいる。幅3メートルほどの路地である。
50メートルほど続くその路地の両側に連なる店々は、ほとんどがカウンターだけの一杯呑み屋だ。どれも海の家のようなつくりで、窓ガラスもドアもない。腰までの壁板はあるのだが、上は吹き抜けで店内の様子が見える。戦後の闇市を思い出させるような雰囲気である。4人も並べば満席のカウンターの向こう側には、おでんや天ぷらなどの食材がところ狭しと並び、店員は料理と通りを歩く人々への呼びこみに忙しい。
意外と知られていないのか、ここは夕暮れ時になってもそれほど混雑することはない。店々の天井につるされた白熱灯がぎらぎらと輝き、カウンターに並んで日本酒のコップをかたむける客の顔を赤く照らしだしている。日焼けした作業服の男がいて、コートを羽織った初老のサラリーマンがいて、なぜか柔道着の男もいる。大声をあげたり酔態をみせる者はおらず、みな一様に無言だ。
私が子供の頃からよくここに来るのは、この呑み屋横丁の先に問屋街があって、玩具の問屋が集まっている場所があるからなのだ。ここに行くと、近所の玩具店で見なくなってしまったおもちゃや、懐かしいプラモデルがいくらでも見つかる。別に買うわけではないのだが、見ているだけで楽しいのである。


という夢を、最近まで年に2・3回見ていた。中学校の終りごろからなので、もう20年ほど続いているだろうか。
 
すみません、これ、みんな夢の話なのでした。


昨夜、2年ぶりぐらいでこの夢を見たんですね。
サンシャイン60を出て(しかしどうしてサンシャインなんだろう) この呑み屋横丁へ向かっている私。もう自分でも夢だと分かっているのだが、久しぶりに眺める風景が懐かしくて気分が高揚し、小走りになっているのだ。

例の横丁に近づくと、以前と雰囲気が異なっているのに気がついた。工事用の赤コーンが並べられ、通りの奥には入れない。路地にはひと気がなく、ブルーシートで覆われている店もある。遠くにクレーンと重機が置かれている。
呆然と眺めている私に、警備員が無表情で近づいてきて、暗い声でいった。

「ここはもう入れないの。マンションが建つんだ」

おいおい、夢の中でまでそれはないだろうよ。私は目を覚まし、寝室の天井を眺めながら苦笑した。




001

先月末に発売になった、『荷風!』(日本文芸社)の第7号です。御茶ノ水・神保町特集なんですが、先号にひき続いて建物歴史探訪のページを担当しています。
今号は結構売れているようです。書店で見かけたら、ぜひご購入ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »