« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/28

読んでから見るか、だっけ

今朝のニュースによると、札幌でもスイカが使えるようになるそうです。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060128&j=0024&k=200601280591
(北海道新聞)

ちなみに、JR西日本のICカードシステムは『ICOCA』(イコカ) って言うんですよね。これは以前から絶妙なネーミングだと思っております。
今回のカード、JR北海道でも独自の愛称をつけるのだろうか。語呂合せにはならないけれど、アイヌ語で北海道らしく、『PILICA』(ピリカ) なんていいと思うのだが。

 
 
 
156_
 
正月に、『野性の証明』(1978) を20年ぶりに鑑賞する。角川映画全盛期の作品で、監督は佐藤純彌。

出演している俳優陣の層の厚さに感心させられた。三国連太郎の悪役っぷり(注1)、梅宮辰男や成田三樹夫の東映映画を思わせるヤクザっぷりなど、実に見ごたえがあるのだ。悪徳警官を演じる中丸忠雄(注2)も味わい深く、朴訥な青年から豹変する原田大二郎にもしびれた。懐かしさだけでレンタルしたDVDだったので、正直言ってそれほど期待していなかったのだが、次々と癖のある役者たちが登場するので画面に引きこまれてしまった。

ストーリー自体は、社会派映画風の前半(悪くない)と、春樹先生の妄想力が大爆発してしまった後半のアクションとのギャップが激しすぎて、おかしな仕上がりである。もっとも原作そのままではとうてい娯楽映画になるとは思えないので(注3・ネタバレあり) 、それなりのカタルシスを味わえるあの改変も正解だったのだろう。

このところ話題の映画、『男たちの大和』は、角川春樹・佐藤純彌コンビの作品らしい。知人のライター、西牟田靖さんが感想を書いているのを読んで、観に行こうか考えている。20世紀末を怪作『北京原人 Who are you?』(1997) でしめくくった職人監督・佐藤純彌の仕事ぶりやいかに。


 
 
注1 … 中央政界の大物ではなく、地方都市の実力者という役どころが憎い。傲慢さと卑屈さという、自身の本質的な部分をさらりと演じているのだ。スーさんはもういいから、こういう芝居を見せてください。
 
注2 … 『独立愚連隊』(1959)の将校役が大好きなのですが、顔にノイズを発しながら無表情で田舎道を疾走する『電送人間』(1960) も素敵です。

注3 … 原作では高倉健がウィルス(?)に感染して発狂し、斧を振り回して大量殺戮。薬師丸ひろ子が、「あの人が父を殺した」 と指摘するところで終わるのだ。健さんに斧を渡す夏八木勲の刑事も、同じウィルスに脳を侵されていたことが後日談として付け加えられる。
(分かりやすく映画の配役で説明しました)

森村誠一作品には陰鬱な内容のものが多いが、いくらなんでもこれでは後味が悪いよ。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/25

1000ドルのTシャツより

仕立てたシャツにタイのほうが素敵だと思います。

新学期早々、風邪をひいてしまった。病院に行くとさらにひどい風邪かインフルエンザを感染しそうなので、職場で貰った売薬で強引に直してしまう。多少の発熱はどうということはないが、商売柄、ノドをやられると本当に辛い。

結局、ホリエモンという人はネクタイを締めてパブリックな場所に出たことはなかったのですね。
私はそのうち、彼が自分のスーツ姿を戦略的に使うのではないかと思っていたのですが、まだそこまで考えてはいなかったのかな。
何にしても、もうすべてが手遅れになってしまった。

 
お正月に懐かしい日本映画を観ました。感想を次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

あけましておめでとうございます

s-DSC05591


暮に気が滅入る出来事が続いたおかげで、どうも新年を迎えた気がしない。今年はいい年でありますように。

格闘技は興味がないので、大晦日は実家でNHKを見ました。民放に追いまくられてここ何年も迷走している紅白ですが、今回の感想を少々。


みのもんたの司会っぷり
前評判ほど悪くはなかった。というより、番組のフォーマットが定まりすぎているために、いかにみの先生でもやりたいことができなかったんでしょうね。それでも限られた時間の中でしっかり自己を露出しようとしているところにプロ根性を感じました。歌のエンディングとMCが重なっているので、喋るのをあと数秒遅くすればいいと思ったのだが、あれは司会者だけの責任ではあるまい。

山本耕ニ
この人には驚いた。少々ミスはあったものの、実にそつのない司会ぶりを見せていた。頭の回転が速いんだろうね。
(立ち姿がいいので、背の低いみのが気の毒でした。仲間有紀恵も堅実にこなしていた。NHKのベテラン女性アナウンサーが、一番ぎこちなく見えたのはどうしてだろう)

吉永小百合のポエム
大晦日のお祭り番組に陰鬱な表情で登場し、『にんげんをかえせ』 を朗読されても、お茶の間の老若男女はどうしたらいいのかわかりません。
もちろん構成上の責任はNHKにあるのだが、こういう企画に平気で出演してしまうのがこの女優さんらしい。

阿部サダヲ
相変わらずのハイテンションっぷりが楽しいが、ありゃ知らない人は全然面白くないでしょうよ。バンドマンに徹している宮藤官九郎もおかしかった。

ゴリエ
観客席からのどよめきがもっとも大きかったのがこの人。ステージアクトの王道をゆくこの手のパフォーマンスは、バラエティ番組内の企画より、こういう舞台にこそふさわしい。
ところが、ネット上の意見をみると、しらけた、つまらなかったという人が結構いたので驚いた。あのキャラクターの好き嫌いではなく、お笑いの人が真面目に何かやることに違和感を感じるらしいのだ。どうしてだろうね。ふだん観客を笑わせている芸人がしっかりしたパフォーマンスを見せてくれる意外性が面白いし、感動をよぶものなのに。

中島美嘉
初登場のときより歌が上手くなっていた。曲のエンディングに北島三郎のイントロをかぶせたのはあまりにむごいと思いました。

松任谷由実
この人は明らかに出演する時期を見誤った。昔はそのへんの嗅覚が実に優れている人だったんだけどね。どうせ出るなら、渡辺美里のように往年のヒット曲を歌うべきであった。

SMAP
『世界にひとつだけの花』 の線を狙った曲なんでしょうけど、二番煎じで冗長。ここは年配の視聴者向けに、美空ひばりを歌った天童よしみを大トリにしておけばよかったのに。

 
審査員では、宇宙飛行士の野口さんがニコニコと楽しげで良かった。あの人が立派だったのは、カメラで撮られていることをちゃんと意識していることで、あの場でやるべき仕事をしているのである。アメリカ暮らしが長い人はさすがです。あれはショウビジネスを知っている人のリアクションなんですね。ぼんやり座っているタレントに爪の垢でも飲ませたいですよ。
 
しかし人選がよくわからん。千葉ロッテの選手とか、もうすこし呼ぶべき人がいたんじゃないのかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »