« 信仰と結婚は | トップページ | 『ALWAYS 三丁目の夕日』 観ました その2 »

2005/11/20

『ALWAYS 三丁目の夕日』  観ました その1

府中のTOHOシネマズで、『ALWAYS 三丁目の夕日』 のレイトショーを観る。

昭和初期の東京をCGで再現したという触れ込みの(最近はVFXというんですね)、篠田正浩『スパイ・ゾルゲ』(2003)には大いに失望させられたので(注1)、どんなものかと劇場に足を運んだのである。

 
いや驚いた。よくできていた。

これほど力をいれて過去の風俗を再現しようと努力した作品は、近年見たことがない。
近代建築や古い町並みを追う仕事をしてきたので、映画やドラマの中で再現された日本の昔の風景がどうにも気になってしまうのだ。べつに厳密な時代考証を求めているのではなく、製作者の視点や、その時代への思い入れに興味があるのです。
 
感心したのは、町並みとともにしっかりと空を描いていることだった。セット主体の撮影だと、どうしても開放感に欠けるんですよね。そのうち技術が進歩したら、日本映画でも失われた古い町並みを俯瞰する映像が観られるのだろうな、と以前から期待していたので、冒頭のシーンから溜息ものであった。

一部では、映画に登場する大道具や小道具が古びすぎていてリアリティに欠けるという意見もあるらしい。分からないでもないが、これは作家・山崎貴が再構築した昭和30年代であり、そういった「映画的な嘘」 は構わないのではないかと思うのだ。
たとえば主人公一家の乗るオート三輪、あのタイプは昭和33年にはまだ登場していない。しかし、小型三輪トラックといえば、たいていの人があのクローズド・キャビンのミゼットを思い出すだろうから、いい選択だったと思う。この映画、その手の「映画的な嘘」 が結構あって、それらを見つけるのもなかなか楽しいだろう。
観客に提示する昭和のガジェットが少々多すぎる気もするが、それなりにうまく活用していたように思える。

 
個人的にひとつだけ不満があったのは、子供たちの通う小学校であった。中国地方に保存された古い小学校でロケをしているのだが、あの校舎は擬洋風建築といい、明治期に地方の大工が西洋建築を真似て造った建物なのだ。味わい深い建築だが、文明開化の時代の名残である。
「懐かしい小学校=木造の校舎」 という定型も悪くはないのだけれど、妙に広い校庭とともに、あのシーンだけはどうしても東京の風景とは思えないのだ(注2)。ここだけは「映画的な嘘」 が失敗していると思ったのですが。

 
正直いって内容はどうでも良かったのだが、こちらもまあ破綻なくまとまっておりました。それについては次回。

 
always

 
注1… 『スパイ・ゾルゲ』 に登場した有楽町界隈の風景は、着色絵葉書を切りぬいて動かしているような仕上がりであった。立体写真をビュアーで覗き込んでいるような不安感は、ジュール・ヴェルヌの作品を映画化した往年のチェコ映画『悪魔の発明』(1958)を思わせる。よく考えればそれはそれで面白いのかもしれないが。

注2…  関東大震災の復興事業で、東京の小中学校の多くはアール・デコの意匠をまとったモダンな校舎に変貌しているのである。そちらでロケをしたほうが昔の東京らしさは出たと思います。「古びたアールデコの公共建築」 には、たまらない魅力があるんだけどね。銀座の泰明小など、まだ現存しているものも多いのですよ。

|

« 信仰と結婚は | トップページ | 『ALWAYS 三丁目の夕日』 観ました その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
ココログはこちらからの送信をハネてしまうみたいなのでお返しは出来ませんが、ご挨拶まで。
ミゼットは原作にMP2が出てきますから、そのまま使ったのでしょうね。(映画のはMP4だったような気もしますが)
元々原作は昭和35年前後、という設定ですから、映画版は東京タワー建設に背景をあわせるために33年にしたのではないでしょうか。

投稿: ノラネコ | 2005/11/20 16:23

TBありがとうございます。この作品は僕にとっても今年一番の作品でした。多くの人に観てもらいたい映画ですね。

投稿: ふくちゃん | 2005/11/20 20:42

ノラネコ様

こんにちは。書きこみありがとうございます。
原作ではもうすこし年代が後だったのですか。
この映画では、やはりバーハンドルのモデルより、あのタイプのほうがよかったと思います。
(ドアがないと危ないですしね)
私は原作は未読なんです。今度読んでみたいと思います。


ふくちゃん様

コメントありがとうございます。
この映画は息の長い作品になりそうですね。多くの人に、映画のスクリーンで観てほしいと思います。

投稿: ユウユウ | 2005/11/21 00:20

はじめまして、TBさせて頂きます。
映画的な嘘って、結構あったのですね。
観ていた時には、全然気が付きませんでした。
それでも、昭和の雰囲気のする懐かしくあたたかい映画に感じてしまいました。

投稿: 出田(nao) | 2006/01/09 00:53

出田(nao) 様

TBありがとうございました。
お返事が遅くなってすみません。

本作のように、CGや模型をできるだけ
自然に使った映画が増えるといいですね。

投稿: ユウユウ | 2006/01/28 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/7228309

この記事へのトラックバック一覧です: 『ALWAYS 三丁目の夕日』  観ました その1:

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ネタバレ映画館]
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継いでいるのだろうか。夕日町三丁目があたかも親の故郷でもあるかのように・・・  西岸良平のコミック「三丁目の夕日」は計1400万部も売れているシリー�... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 16:19

» シネマ日記 ALWAYS 三丁目の夕日 [skywave blog]
初日に観にいきました。圧倒的中高年の期待を担った映画です。観客は、ほぼ40代以上です。(私もその一人) CGで昭和30年代をほぼ復元しています。町並みの様子-看板、自 [続きを読む]

受信: 2005/11/20 16:24

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Akira's VOICE]
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動! [続きを読む]

受信: 2005/11/20 18:08

» ふくちゃんの映画日記 その17 [ふくちゃんの懸賞日記]
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「�... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 20:43

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
西岸良平の原作コミックは昔ちょっと読んだ事があったのでどんな話か知ってはいたものの、その独特の作風がどうにも苦手で、それ以降全く読んでいなかった(別に嫌いじゃありませんが)。よって、この映画も当初全然観る気は無かったのだが、何故か観た人の評判がメチャクチ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 20:56

» 『ALWAYS〜三丁目の夕日』 [ねこのひたい〜絵日記室]
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない [続きを読む]

受信: 2005/12/01 09:54

» 物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと...... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 19:16

» ALWAYS 三丁目の夕日 [toe@cinematiclife]
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、作家を目指して応募をし続けているが、どれも落選してばかり。 茶川商店の向かいの鈴木オートは、社長の鈴木(堤真一)が、青森か... [続きを読む]

受信: 2005/12/02 23:59

» ★「ALWAYS 三丁目の夕日」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木オートに集団就職で上京してきた六子(むつこ)がやって来た。 向かいの駄菓子屋は、しがない小説家・竜之介が経営。 ちょっと下心出�... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 02:35

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、....... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 23:42

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [続きを読む]

受信: 2005/12/10 13:54

» 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ [AI-z「出田直正(nao)の一日。」]
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上がって... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 00:49

» ALWAYS 三丁目の夕日 [泥海ニ爆ゼル]
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし…。 まあ斜に構えて観にいったんです。 原作はビッグコミック連載のマンガ。独特の画風で懐かしく心温まる物語を紡ぎだす。とは言ってもビッグコミック自体あまり読まないし懐かしものは特に読んでこなかったので、あまり突っ込ん... [続きを読む]

受信: 2006/01/12 01:31

» ALWAYS 三丁目の夕日 [泥海ニ爆ゼル]
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし…。 まあ斜に構えて観にいったんです。 原作はビッグコミック連載のマンガ。独特の画風で懐かしく心温まる物語を紡ぎだす。とは言ってもビッグコミック自体あまり読まないし懐かしものは特に読んでこなかったので、あまり突っ込ん... [続きを読む]

受信: 2006/01/12 01:37

« 信仰と結婚は | トップページ | 『ALWAYS 三丁目の夕日』 観ました その2 »