« NHK『ハルとナツ』 感想  | トップページ | 橙色の中央線 その2 »

2005/10/10

橙色の中央線 その1 

武蔵小金井駅前のデパートに買い物へゆく。
 
中央線は高架工事がすすみ、駅周辺や沿線の風景がここ数年で一変してしまった。ここも以前は古いなりに趣のある駅だったのだが。
改築前は、ホームの東京寄りにあった年代物の跨線橋の下で電車を待つのが好きだった。柱に古いレールが使われていて、よく見ると厚く塗り重ねられたペンキの表面に、「US STEEL 1901」 とか、「BARROW STEEL 1881」 といった刻印を読み取ることができて面白かったのである。US STEELは鉄鋼王として知られるアメリカ・カーネギー社、BARROW STEELはイギリス・カンバーランドの会社。おそらく中央線が開業したころの線路を再利用していたのだろう。家に帰ると年表を見て、いつごろのものか調べたりしていた。
戦前に建てられた南口の駅舎も、もう取り壊し寸前である。

中央線に新しい電車が導入されるそうですね。今走っている橙色で正面が黒塗りの電車は、私が中学校のときに登場したものだから、もうかれこれ25年以上も走っているのか。新車は他の路線と同じように、ステンレスかアルミ製の銀色の電車になってしまうのだろうな。

|

« NHK『ハルとナツ』 感想  | トップページ | 橙色の中央線 その2 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/6342474

この記事へのトラックバック一覧です: 橙色の中央線 その1 :

» 来年12月、中央線の201系に後継車が登場 [汽車POPPOのつぶやきブログ]
中央線の201系は、今でこそ年に数回の出張などで上京した時に乗る程度ですが、かつて国分寺市に10数年住んでいた私にはとても馴染み深い車両です。職場が三鷹、立川、八王子と多摩を転々とした事もあり、通勤に使うのはいつでも201系ばかり。乗って楽しい車両というわけではありませんでしたが、世代交代の時期を迎えたと聞くと、なにやら感慨深いものがあります。 思えば、私が就職のため東京にいった頃も、中央線の世代交代が進んでいた時期でした。私の記憶が正しければ、201系の大量増備に、まず103系が姿を消し、わ... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 22:49

» 中央快速線に新型車両を導入 [~鉄ちゃんの鉄道日記~]
JR東日本によると、来年12月から中央快速線などに新型車両E233系を導入するとのことです。 中央線は長年201系が走行し、今も全て201系が活躍しており、中央線の顔と言えます。 その車両がE233系の導入により置き換えがはじまるので、201が姿を消していくということになります。 山手線や総武線などのように中央線にもすぐに新型車両が導入されるのかと思っていたら、201がシングルパンタに改造されたりしていたので、まだ先なのかと思っていたのですが、急な発表に少し驚いています。 関東からは103が... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 22:51

» 中央線に新車投入 [MAC'S GADGET]
JR東日本から中央線201系代替の新車、E233系の投入がプレスリリースされました。 そういえば、中央線で現在走っている201系も、昭和54年登場というから、もう27年近くも走ってるんですね。僕が中学生の頃だったのか。あの頃はまだ103系の新造もしてましたねぇ。随分と昔の話...... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 23:05

» 超過酷路線中央線にE233投入 JR東日本 [V35スカイラインクーペが欲しい!]
この頃中央線にはやるもの女性専用車両に車両故障 一時期、中央線は、一晩に3件飛び込みがあるなど人身事故のメッカだった。最近は減少し代わりに車両故障が増加。現行の201系車両は国鉄の名車だが、朝ラッシュ1時間29本10万人以上を運ぶ日本一の過酷路線「中央快....... [続きを読む]

受信: 2005/10/11 16:21

« NHK『ハルとナツ』 感想  | トップページ | 橙色の中央線 その2 »