« パシフィック・リーグの覇者 | トップページ | 合唱コンクール その1 »

2005/10/21

新型スカイライン

今年のモーターショウで展示される次世代のモデルは、こんなスタイルだそうな。
 
1
 
うーん、日産のスカイラインというのは、基本的にファミリーセダンだと思っていたので、どうにも違和感を感じるなあ。この車はスーパーカーでもスポーツカーでもないところに面白さがあったのだが。
 
ファンの方には申し訳ないが、私にとってスカイラインという車のイメージは、「野暮ったさ」 なのである。角ばったデザインと妙に大柄で重そうなボディをもつ、冴えないセダンという印象が強いのだ。だからこそ、高性能のエンジンを積んだ一部のモデルが輝いていたんじゃないかな。プリンスGTBの時代から。
近年は若い人でも平気でローンで組んでGTRなんぞ買いますが、昔のふつうのお兄ちゃんたちは、そんな車に手が出やしません。おのれの夢をハイエンドの車種に託して、通常モデルを、ときにはエンブレムを換えたりして乗りまわしていたのですよ。
長いあいだ対米輸出をせず、基本的に国内向けモデルだったという点も、何というか日本人のある種の感性にマッチしていたような。

何だか実に高度成長期っぽい話ですね。そのへんの長い長いしがらみを断ち切るために、あえてこういうスタイルにしたのかな。
 

|

« パシフィック・リーグの覇者 | トップページ | 合唱コンクール その1 »

「自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/6493952

この記事へのトラックバック一覧です: 新型スカイライン:

« パシフィック・リーグの覇者 | トップページ | 合唱コンクール その1 »