« 思わぬ発見 | トップページ | 商売道具 その2 »

2005/08/15

織田裕二って人は

世界陸上のハイテンションな司会ぶりを見ていて、改めて考えた。

この人はなんだか気の毒である。

悪くない俳優だと思うのだ。日本映画にもう少し活気がある時代であれば、もっと多くのベテラン監督にしごかれ鍛えられ、役者としての幅を広げることができたろうに。
ときおりTVで映画や演技について語っているところを見るが、何か痛々しさを感じてしまう。演劇系の人ではないようだし、先輩やライバルに揉まれていない弱さとでもいうのだろうか。

大仰に叫び走る、お約束のキャラクターはもう飽きた。往年の大スターの胸を借りるような作品に出てくれないかな。
(個人的には、徹底した悪役が見たいのだが)

|

« 思わぬ発見 | トップページ | 商売道具 その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/5478201

この記事へのトラックバック一覧です: 織田裕二って人は:

« 思わぬ発見 | トップページ | 商売道具 その2 »