« 衆議院解散 | トップページ | コーヒーショップにて »

2005/08/10

BXはじける

毎度シトロエンの話でございます。今回はしびれました。

昨日の午後、例によって行田の自動車工場に行ったんですね。エアコンの調子が悪くて預けていたんです。サーモを交換してもらい、帰路は久しぶりに涼しい車を堪能しながらのドライブとなりました。
関越道を走ってきたのですが、所沢インターの出口がずいぶん混んでいまして、2キロほど手前からノロノロ運転。今にして思えば、このときにもう少々乗り心地が悪かったんですね。やはり前兆だったのかな。

インターを下りてころにはもう陽が落ちていました。県道を走っているうち、曲がるべき交差点を過ぎてしまったことに気づき、近くに運送会社の広い駐車場があったので、そこでUターンさせてもらうことにしました。

車を乗り入れ、ギアをバックに入れて大きくハンドルを切ったときでした。「ボン!」 という音とともに、運転席側のボンネットが30センチぐらい盛り上がったんです。
車を降りて見てみると、どこかに衝突したようにボンネットが歪んでいます。もちろん開けることもできません。右前輪を支えているサスペンションのストラットが外れ、ボンネットを裏から突き上げたのでした。

馬鹿な話ですが、最初に頭に浮かんだのがポップコーンなんですよね。火にかけるとトウモロコシがポンポンはじけて、器のフィルムを押し上げるお菓子が売ってますが、まさにあのイメージ。

ローダーを頼み、到着を待つこと40分。BXは再び行田へ向かいました。

帰宅して調べてみたら、ストラットのアッパーマウントの劣化によるものらしいです。工場の社長の話では、BXではあまり聞いたことがないトラブルらしい。参ったなあ。

|

« 衆議院解散 | トップページ | コーヒーショップにて »

「自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/5394854

この記事へのトラックバック一覧です: BXはじける:

« 衆議院解散 | トップページ | コーヒーショップにて »