« BX復活 | トップページ | 安すぎる »

2005/06/08

酒を買う

「業務用の店」と銘打たれた酒屋が、突然近所に開店していて驚いた。酒とともにさまざまな乾物が店頭に並んでいる。冗談のような大きさのカレールウやコーヒーの粉、缶詰などが所狭しと並んでいて、見ているだけでも楽しい。
安い酒がやたらとあって、500円から1500円くらいのワインが充実している。昔はこのクラスの酒もけっこうな値札がついてたんだよね。妥当な値段で無難なテーブルワインが買えるようになったのだから、まあいい時代ではある。

こういう大型店に押され、昔ながらの酒屋はつぎつぎと店じまいしている。やはり価格ではかなわないようですね。ふだん量販店を利用しながら勝手な話だけれど、それはそれで淋しさを感じてしまう。
ロバート・B・パーカーという作家に凝っていたころ、作品の登場人物が愛飲しているアムステルというオランダのビールが飲みたくなり、近所の小さな酒屋に箱で注文していたことがあった。ビールの知識が豊富で、愛想良く注文に応じてくれるご主人のいたその店も、いつのまにか閉店してコンビニになってしまった。


対北朝鮮戦に備え、白ワインと開店特価900円のバランタイン・ファイネストを買って帰宅。


|

« BX復活 | トップページ | 安すぎる »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/4469989

この記事へのトラックバック一覧です: 酒を買う:

« BX復活 | トップページ | 安すぎる »