« いまさらですが、『失踪日記』を | トップページ | プロ野球の »

2005/05/13

アニー・レノックス

久しぶりに『MEDUSA』 を聴く。名曲ぞろいのカヴァーアルバムである。アル・グリーンの『Take Me ToThe River』や、おなじみ『A Whiter Shade Of Pale』 もいいけれど、私は『Train In Vain』 がいちばん好きだ。はじめて聴いた時は、クラッシュを取り上げているというだけで感涙ものだった。実はもうオリジナルより気に入っていたりする。

ユーリズミックスが初来日した1984年、新宿厚生年金会館のライブに行った。19歳のときである。彼らの音楽的志向がまだよく分からなかったので、意外とソウルフルなスタイルにすこし戸惑った記憶がある。アンは喉が弱いらしく、高音があまり出なくなっていたのが残念だった。公演最終日だったせいもあるのだろう。当人は「風邪をひきました」 といっていたが。

90年代の終りのころから、TVのコマーシャルでMTV全盛期の洋楽がさかんに使われているが、あれは80年代に洋楽を聞いていた世代が30代後半になって、CMを任されるようになったためなんでしょうね。

再結成のアルバム『PEACE』 も好きだけれど、『17 Again』 は反則です。ありゃずるい。

medusa

|

« いまさらですが、『失踪日記』を | トップページ | プロ野球の »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/4114979

この記事へのトラックバック一覧です: アニー・レノックス:

« いまさらですが、『失踪日記』を | トップページ | プロ野球の »