« 『瑠璃の島』 感想 | トップページ | 自転車通勤 その2 »

2005/05/09

自転車通勤 その1

梅雨入りまで自転車で仕事場へ通うことにした。

もちろん健康を考えてのことだが、通勤に使っているわがシトロエンを、少しばかり休息させたいという気持ちもあった。現在のオドメーターは8万キロ程度で、2CVを手放してからはハイペースで走行距離を伸ばしている。13年目を迎え、すっかり街で見かけることが少なくなってしまったBXを、なるだけ長く乗りたいと思っているのだ。
 
 
GW中に手入れをした愛車2号(マルキン自転車謹製)を駆り、早起きして杉並の学校に出発。地図で見たところ距離は10数キロだから、のんびり走っても1時間半あれば到着するだろう。

実はマルキン号には、昨夜のうちに秘密兵器が装着してあるのだ。

mt40004

サイクルコンピュータです。買ってしまいました。


以前から、自転車の走行距離が分かる機械があればいいなあと思っていたのだ。自転車を趣味とする人には常識なのだろうが、こういう便利なものがあることを、恥ずかしながらまったく知りませんでした。

そういえば、小学校のときに親戚から譲ってもらった自転車に、大げさなスピードメーターがついていたなあ。たしかあれには距離計もついていた記憶があるが、自動車のように車軸付近につけられた歯車で回転をとるしくみだったから、ジャラジャラとやかましい上、ダイナモと同様やたらペダルが重くなる代物だった。
ついでにいうと、この24インチの自転車には、懐かしや電子フラッシャーまでついていたのだ。電源として単1電池6本を荷台に搭載していて、もう大変な重さであった。

今回買ったメーターは、目薬のボトルほどの大きさしかない。フロントフォークにとりつけたセンサーで、前輪のリムにはさみこんだ直径1㎝ほどの磁石からのパルスをとるしくみなんですな。全然ペダルが重くならないことに感動した。

車輪のサイズをインプットしておくと、速度と走行距離、走行時間が表示される。走行時間のメーターは、もちろん停まっているときには動きません。最高速や平均速度も記録されます。すごいや。

しかし、カゴつきの街乗り自転車にこれをつけている人はあまりいないですね。

次回に続きます。

|

« 『瑠璃の島』 感想 | トップページ | 自転車通勤 その2 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたです。
絶妙な切り口の日記、いつもうなりながら拝見しております。

それはそうと、その昔の自転車って、ひょっとしてセキネガルーダですか?
http://www.dec.sakura.ne.jp/~comics/cycle/seki01.htm
↑はかなり古めのカタログですが僕は1977年、中1でこのフォグランプ付きセミドロップ5段変速を親に買ってもらい、中学高校の通学にお世話になりました。ステンレス製のやつでした。
福島盆地にまず霧なんて出やしないのに、フォグランプはすごくかっこよくて、まるで特撮ヒーローにでもなった気分で、かなり自意識が満足してた記憶があります。なつかしや。

しかし当時標準だった、セミドロ5段3角フレームのスポーツ車って、今どこ探してもないですね〜。

そろそろ飲みましょう。

投稿: 明石隼汰 | 2005/05/10 14:54

お久しぶりー。お元気ですか。

えーと、写真を見たんですが、その自転車とはちょっと形が違うみたいなんですね。ウィンカーはライトの下にあったような。
(そのHP面白いですね。写真全部見ちゃいましたが、どれだかは結局分からずでした)

私の乗ってたやつは、バイクみたいな油圧ブレーキがついてましたね。前ブレーキを握ると、後輪も一緒にかかるんです。バイクと違ってホースが華奢なうえ、オイル溜まりもないもんだから、すぐに漏れて駄目になりましたが。
あ、そうそう、ブレーキランプもついてました。そんなもの誰も見ないつーの(笑)。

投稿: ユウユウ | 2005/05/11 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/4060752

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車通勤 その1:

» シトロエン [自動車メーカーシトロエンについて]
シトロエンシトロエン (Citroen) は、フランスの自動車製造会社である。独自のサスペンション機構である「ハイドロニューマチック(イドロプヌマティク) hydropneumatique」を採用していることで知られている。現在は、プジョーと共にPSA・プジョー・シトロエングルー... [続きを読む]

受信: 2005/05/15 01:24

« 『瑠璃の島』 感想 | トップページ | 自転車通勤 その2 »