« 千鳥ヶ淵の桜が | トップページ | 日帰り取材 »

2005/04/05

またまた不調のBX

学校へ新学期の打合わせにいき、そのまま関越に乗って行田の修理工場へ。

しばらく前から、ハンドルを左に切るとヒーヒーと不吉な音がするようになり、気になっていたのである。ブレーキ鳴きは相変わらずうるさいし、メーターケーブルはブィンブィンいってるし、マフラーはカラカラと(交換すりゃいいんだが)、ここへきてずいぶん賑やかになってきたわが愛車である。
DSC04395北関東はシトロエン乗りが多く、修理工場やショップも豊富である。私がお願いしている工場も、その筋では有名な店。ついてみるとBXがリフトに2台乗っていて、その横に2CVが。修理が終わったエグザンティアが2台とZX、さらにバラバラになった11CVまであった。こりゃシトロエン乗りの天国だか地獄だな。

代車というのがあまり好きではないので、車を預けるといつも電車で帰る。なにしろ遠いので、ちょっとした旅行気分である。近くにある古本屋に寄って帰りの車中で読む本を買い、新宿湘南ラインのグリーン車で缶ビールを開けるのが楽しみになっているのだ。今日は熊谷に出て、名物のだるま弁当を買うつもりであった。

どうせガラガラだろうし、前の座席をひっくりかえしてゆっくり足を伸ばそう。車窓を楽しみながらの駅弁とビール。食べ終わったら本を読んでと、点検をしてもらっている間、ずっと考えていた。そうそう、だるま弁当のうつわを変えた、キティちゃん弁当というのがあったな。恥ずかしいけどあれを買って、うつわを姪にあげたら喜ぶかな、などど妄想はふくらむばかりである。

異音の原因はドライブシャフトブーツの留め具が外れ、車軸に干渉していたことが原因と判明。交換したら直ってしまった。おお、乗って帰れるのか。

修理代も安くすんでありがたかったけれど、心が完全にビール&駅弁モードになっていたので、少々気落ちしてしまいました。

まあ、次に壊れたときのお楽しみということで。
(考え方がどこか間違っている気もするが)

DSC04396
美しいマスコットのついたシトロエン11CV。50年前の車です。


|

« 千鳥ヶ淵の桜が | トップページ | 日帰り取材 »

「自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/3581411

この記事へのトラックバック一覧です: またまた不調のBX:

« 千鳥ヶ淵の桜が | トップページ | 日帰り取材 »