« マックのプチ情報操作 その2 | トップページ | 向島界隈もマンションラッシュでした »

2004/12/09

日本SFの大御所はいまいずこ

小松左京『物体O』(ハルキ文庫)を読む。懐かしい。

中学・高校の頃、ずいぶん日本のSF小説を読んだが、突拍子もないアイデアを話にまとめていく力技では、やはり御大にかなうものはない。
(私が一番愛したのは実は筒井康隆なのだけれど、20代後半からどうも再読できなくなってしまった)

国産SFは、その後ファンタジーが主流になってしまったので全く読まなくなったが、小松の短編は再読に耐えうるものも多い。40年前に地球温暖化を題材にしている短編があるのだ。

turkey












ターキーは飲みやすいね。

|

« マックのプチ情報操作 その2 | トップページ | 向島界隈もマンションラッシュでした »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/3822062

この記事へのトラックバック一覧です: 日本SFの大御所はいまいずこ:

« マックのプチ情報操作 その2 | トップページ | 向島界隈もマンションラッシュでした »