« マックのプチ情報操作 その1 | トップページ | 日本SFの大御所はいまいずこ »

2004/12/06

マックのプチ情報操作 その2

きのうの続き。

マック最強の食材は、やはりポテトなのであった。チラシではさりげなくそのへんを誤魔化していたのでした。マックフライポテトのポテトのMサイズは420kcalである。

ちなみに、ビッグマックとポテトのM、シェイクを組み合わせると、1257kcal となります。おにぎり5個半分のカロリーですね。大々的に載せたくないのも無理もない。

このチラシがいつから使われているのか知らないが、マックのハイカロリーぶりがアメリカでさんざん指摘されて裁判沙汰となり、それを揶揄するドキュメンタリーも日本で公開されるとあって、会社としても黙っているわけにはいかなかったのだろう。
製作スタッフの苦心がしのばれる。チラシのタイトルがまた苦しいのだ。

「おいしいものほどカロリーが気になる!?」 

とあって、続いて小さく 「あなたが毎日を健康を過ごすためには、カロリーなどの栄養が必要です」 と書いてある(本当に字が小さい)。まあ、カロリーも栄養の内なんだろうが、こういう表現はあまり目にしたことがない。
この会社の名誉のためにつけくえると、チラシの裏には、一応すべてのメニューのカロリーが一覧表で載っているのである。客は自分の食べたメニューのカロリーの総計を計算することができる。でも、ポテトの油や食べこぼしで汚れたチラシをひっくり返してまで見る客はあまりいないだろうよ。よく考えてるね。

いまさらローカロリーを売り物にするメニューは出せないだろうし、少し気の毒な気がしないこともない。しかし、「就学前のお子さまの1日に必要なカルシウムの8割が、マックシェイクひとつで摂取できる」 と謳うのはやめたほうがいいと思う。馬鹿な親が毎日飲ませるぞ。

|

« マックのプチ情報操作 その1 | トップページ | 日本SFの大御所はいまいずこ »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81538/3820655

この記事へのトラックバック一覧です: マックのプチ情報操作 その2:

« マックのプチ情報操作 その1 | トップページ | 日本SFの大御所はいまいずこ »